ダブルフレアのテニスパンツスコートの作り方

スカートが2枚重ねの大きなフレアになっているテニスパンツスコートの作り方です。
スカートの中に同じ生地でパンツを付けているので着る時も1回ではけるし、スカートの中が見えてもいやらしくないので気に入っていて、最近はもっぱら手作りテニスウェアを愛用しています。
テニスに限らず、ランニングやサイクリングや他のスポーツをされている方にももちろんオススメですよ。
フレアスカートとは、「朝顔のように広がったスカート」という意味があり、くるっと回るとスカートがひらひらと広がるので女子力あがるデザインです。
サーキュラースカートのようにウエストから360度の円形スカートでスポーツ用のウェアを作ってしまうと、中にパンツがついてるとはいえ、丸見えになりすぎてしまうので、ウエスト周りはすっきりとさせてヨーク切り替えでフレアのスカートをつけるというデザインにしました。
フレアスカートは長さの違うものを色や柄を変えて、2枚重ねにしてダブルフレアのスカートにしてもいいし、シンプルにしたい場合は大きい方のフレアスカートだけにしてもいいです。
ウエストゴムはひと手間かけて、ギャザーのはいったウエストゴムにしてみました。
縫い方は動画で説明しています。
シンプルなテニスパンツスコートはこちら↓

作り方と型紙 OHARICO

スカートとパンツが一体化したテニススコートの作り方です。共布の生地でつくれば動いてスカートがめくれても安心。吸汗速乾のニ…

用意するもの

  • お好きな生地150cm幅 約2m(全て同じ生地を使用した場合)
  • 35mm幅の太い平ゴム
OHARICOストアへ

ダブルフレアのテニスパンツスコート A3 PDF型紙

A3用紙12~13枚に印刷できます。
 スカート丈最大ウエストヒップ
S約34約86約120
M約36約90.5約126
L約37.5約94.5約132
XL約39約99約138

※最大ウエストサイズは、ウエストゴムを入れなかった場合のサイズです。
※実際のヒップのサイズが最大ウエストサイズよりも小さい必要がありますが、ニット生地で作る場合は多少横に伸びますので目安としてお考えください。

PDFデータはコンビニ等で簡単に印刷できます。

作り方と型紙 OHARICO

OHARICOで販売している型紙(パターン)の使い方についてご説明します。ダウン […]…

生地の裁断と印付け

生地を裁断する

生地を中表に折り、裁断します。
スカート部分の裁断
スカートのパーツは「わ」にして裁断します。ポケットを左側だけにつけるので、ポケットのパーツは中表で2枚裁断します。
ショートパンツの裁断
パンツの前身頃と後身頃はそれぞれ中表で各2枚ずつ裁断します。
ベルトは1枚で裁断します。
これはパンツとスカートを一緒にまとめるウエストベルトになります。型紙に書いてあるポイントに印をつけておきましょう。印だけではどちらがCFでどちらがCBなのかがわからなくなるので、色の違うマチ針をつけておくとかしつけ糸の色を変えるなどでわかるようにしておいてください。
スカートの印付けスカートの部分の印付けが少しややこしいのですが、「わ」で裁断したものを表を上にして開くとこのようになっています。
「わ」にして裁断をしたほうが効率がいいのですが、広げた時につけておいた印が重なってしまう場所が3か所あります。上の図を見ながら不要な印は取ってください。
印付けは後で説明している「OHARICO流印付けの方法」でやると、不要な印をとることも簡単ですよ。

CF(Center Front)・・・前中心
CB(Center Back)・・・後中心
SP(Side Point)・・・脇

「わ」で裁断するとは?
型紙についている二重の半円のマークを「わ」といいます。
生地を半分に折った折山に「わ」のマークを合わせて裁断します。
わの裁断方法

OHARICO流印付けの方法

生地の裁断の時に印付けをするのですが、OHARICOではチャコペンやチャコペーパー、ルレットを使わず簡単なきりじつけの方法で印をつけています。

簡単なきりじつけの方法
簡単なきりじつけは型紙の上から、2本どりの仕付け糸で印をつけたいポイントを通して、短く切っておきます。
生地を2枚重ねているときは、生地と生地の間もはさみでカットしておきましょう。
「きりびつけ」とか「きりび」と呼ぶ人もいます。普通のきりじつけよりも簡略化したやり方ですが、糸が抜けてしまわないようにさえ気をつけていればこの1本通すだけのきりじつけでも十分ですよ。

あっちゃんウインク
生地の裁断方法と印のつけ方はこちらの動画を参考にしてくださいね。

パンツを縫う

パンツの前身頃と後身頃を中表に合わせ、脇と股下の部分の対応するところをマチ針で合わせます。
ズボンの足を縫う
出来上がり線通りに縫い、縫い代を2枚一緒にロックミシンまたはジグザグミシンをかけて始末します。
ミシンをかけたら、縫い代は前身頃側に向かってアイロンをかけて倒します。
通常は、パンツの脇の縫い代は後身頃側に倒すのですが、あとでスカートとくっつけたときに縫い代が後身頃側にだけにかたまって厚くなってしまうので、パンツの脇の縫い代を前身頃側に倒しておく方が縫いやすくなります。

あっちゃん笑顔
同じものが2つできるよね。

パンツの足を合わせる
どちらか片方の足を表に返し、もう片方の足の中にいれることで、ズボンの足は中表に合わさります。
ポイント同士を待ち針で合わせて留めます。
股ぐりを縫う
端から1cmのところを縫います。ここは股ぐりと呼ばれるところです。
着ているときに負荷がかかりやすい場所だからお尻がやぶれないように2度縫いします。
縫い終わったら、2枚一緒にロックミシンまたはジグザグミシンをかけ、この縫い代は右見頃に倒しておきます。(どちらでもいいのですが、私は右に倒すように統一しています。)
裾の始末をする
外側が表になるように返すとパンツの形になっています。
裾はロックミシンかジグザグミシンで端を始末し、出来上がり線どおりに折り返して端ミシンをかけます。

あっちゃんウインク
表にミシン目を出したくない場合はまつり縫いをしてね。
作り方と型紙 OHARICO

やりはじめるとハマってしまうチクチク針仕事。ミシンがなくても縫えるいろいろな手縫 […]…

また、三つ折りで端の始末をする場合もあります。生地やデザインで縫い方を選んでくださいね。

スカートを縫う

スカートBのほうは先に裾の始末をします。裾の始末をする場合は、細く三つ折りをしてミシンをかけます。
生地にもよりますが、スポーツウェアに使うようなポリエステル系のニット生地は切った端がほつれにくい場合が多いので私は切りっぱなしにすることが多いです。裾も軽やかになるし、手間も省けるのでおススメです。
ダブルフリルスカートスカートAとスカートBを広げて、Aの上にBを乗せ、端から0.7cmのところをミシンで縫います。
スカートのヨークの縫い方
スカートの左側に脇ポケットを付ける場合について説明しています。

あっちゃん真顔
スカートを中表にして配置しているので、着た時に右側になるほうを右脇と呼んでいるよ。
前と後ろのヨークを開き、右脇の端を合わせて印通りに直線で縫います。ヨークの端2枚を一緒にロックミシンかジグザグミシンで始末します。
縫い代は後側に倒れるようにアイロンで押さえます。
スカートを縫い合わせる
スカート部分の上下の対応するポイントは図のようになっています。
スカートを中表で合わせる
スカートの上下のパーツが中表に合わさるようにし、右脇、左脇、CF、CBの順にポイント同士をマチ針で合わせてからそれぞれの間にもマチ針を打っていきます。
マチ針で合わせることができたら、端から1cmのところを縫ってから端を2枚一緒にロックミシンまたはジグザグミシンで始末します。
縫い代はアイロンで下方向に倒しておきます。
スカートの形
スカートを縫い合わせたらこのような形になっています。
切り替えたつなぎ目が落ち着かない生地の場合は、コバステッチを入れます。

コバステッチとは?
端から1~2mmをミシンで縫うことを言います。ほかに端ミシン、コバミシンなどの言い方があります。
コバステッチ

脇ポケットを付ける

スカートに脇ポケットをつけて、左脇を縫い合わせます。やり方はこちらのページを参照してください。
作り方と型紙 OHARICO

脇線にある脇ポケット。私は「スラッシュポケット」と呼んでいたのですが、他にも「シ […]…

ウエストの始末

パンツもスカートもそれぞれ形ができてきたので、二つをあわせてウエストの始末をしていきます。
スカートとパンツを合わせる
スカートの中にパンツを入れて、ポイント同士を合わせてマチ針を打ちます。
ウエストベルトの準備
ウエストベルトは、外側を表にして横方向に半分に折り、アイロンで折り目をつけます。
折り目を開いて、今度は縦方向に半分に折って端を合わせます。
縫い残した場所はウエストゴムが入る場所です。ウエストゴムの出入り口が服の内側にくるようになります。
片側は1cmほど縫い、反対側の端は中心より0.5cm上までを縫います。
縫ったらアイロンで縫い代を開いておきます。縫わなかった部分は縫い目の延長で折り目がつきます。
スカートパンツにベルトをつける
ベルトをはじめにつけておいた折り目で半分に折ります。
ゴムの出入り口があるほうが外側になるようにスカートパンツのウエストと合わせます。
ウエストを縫う
ベルトが一番外側になるようにして、ポイント同士を合わせたら端から1cmの所を縫います。
端はロックミシンかジグザグミシンで始末します。
こちらのウエストゴムを入れると同じようにゴムを入れます。

作り方と型紙 OHARICO

スカートとパンツが一体化したテニススコートの作り方です。共布の生地でつくれば動いてスカートがめくれても安心。吸汗速乾のニ…

ギャザーウエストゴムの縫い方

普通のウエストゴムの入れ方のままでもいいけれど、動きが激しく洗濯が頻繁になるスポーツウェアは中のゴムが折れやすいので、ウエスト部分にゴムを縫い付けてシャーリングのようなギャザーがはいる仕上げにしました。
ひとてまかかるけどこれをした方が着心地がしっくりくるなと個人的には思います。
動画で見てもらうほうがわかりやすいと思老いますので、こちらをご覧ください。

ダブルフレアのテニスパンツスコートの作り方まとめ

テニススコートの裾
裾の始末をする場合は、細く三つ折りをしてミシンをかけて完成です♪
初めのほうにも書きましたが、私は裾を軽やかにしたいので裾は切りっぱなしにしています。
ほつれにくい生地だけど、ほつれてきてから縫えばいいかな(笑)
パンツ付きスカート
スカートをめくってみました。外側と同じ生地なので見えてもいやらしくないし、むしろ可愛い。パンツの色を思いきり変えて目立たたせるというのも好みによってはアリですよね。
手作りテニスウェア
白すぎて見えにくいかもだけどトップスはノースリーブのタンクトップと合わせてみました。

作り方と型紙 OHARICO

ニット生地で作るシンプルなタンクトップの作り方です。重ね着のインナーに色違いでた […]…

ピンクのパデルウェア
これはパデルという私がはまっているベンチャースポーツの試合で着たものです。
ブルーのパデルウェア
こちらは相方のブルーバージョン。
マスクがいつでもできるようにと、フレアーの上の段と同じ生地で立体バンダナマスクをつくりました。
作り方と型紙 OHARICO

紫外線対策にも、飛沫感染対策にもぴったりのフェイスカバータイプの立体バンダナマス […]…

ミントのテニススコート
こちらも同じ型紙で作ったお気に入りのスコートです。この写真ではわかりづらいですが上の段のフレアーは透ける生地になっていて、下のミントブルーが透けて動くたびに立体感のあるテニススコートになりました。
フレア切り替えのテニススコート
これは、上の段のフリルをつけずにヨーク切り替えだけにした、シングルフレアのテニスパンツスコートです。
これもめちゃめちゃ使用頻度が高いウェアです。とっても薄くて透ける吸汗速乾生地なんだけれどパンツとスカートが重なっていることでほどよい透け感になっています。
フレア切り替えのパンツ付きスコート
シンプルなのでどんなTシャツにも合わせやすいです。
ちなみに、このコーデのTシャツはフレンチスリーブTシャツのネックラインを広めにあけてアレンジしたものです。
作り方と型紙 OHARICO

袖の切り替えがなく身頃から袖までが続いているフレンチスリーブTシャツ。シルエット […]…

女性らしいシルエットのフレアースコートはインナーパンツがついているから、かっこよくもあり可愛くもあり、思いきり動けるからスポーツ女子にオススメです。自分でスポーツウェアが作れると、もっとスポーツするのが楽しくなりますよ!
あっちゃん笑顔
自分にぴったりのウェアを作ってみてね!