使い捨てと布のマスクのいいとこどり。フィルターが入るポケットマスク

マスクがそろそろなくなってきて、布マスクって目が粗いからいろいろ通しそうだし頼りないけど、もう布マスク作るしかないよね・・・。と、仕方なく布マスクを手作りで妥協しようと思ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、今回は布マスクにフィルターがいれられて、使い捨てマスクの良いところと布マスクの良いところの両方を活かせるマスクの作り方を考えました。
ポケットタイプになっているから、不織布シートやウイルスカットをするフィルターをいれるもよし、キッチンペーパーやティッシュペーパーなど身近にあって使い捨てやすい紙をいれるもよし、水に濡らしてかたく絞ったコットンをいれると喉を潤す濡れマスクにも早変わり。めっちゃ画期的じゃないですか?

あっちゃんウインク
もちろん何も入れなくても布マスクとして使えるよ。

フィルターを入れられるマスク
ダブルガーゼを使うと口にあたるところが4重になるのですが、ガーゼ自体も手に入りにくいということなので、着なくなったTシャツをリメイクしてもいいとおもいます。今回、私はTシャツの素材に使われるコットンニットで作ってみました。肌触りがいいので、つけているだけで気持ちいいです。

用意するもの

  • お好きな生地(ダブルガーぜ、コットンニットなど古いTシャツでもオッケー)
  • マスク用ゴム25cm×2本(サイズやゴムの伸縮率によって異なります)
  • キッチンペーパー、コットン、ティッシュペーパー、不織布シートなど

マスク本体を縫う

マスクの生地を裁断
横幅は作りたいサイズプラス5cm、縦は作りたいサイズの2倍プラス2cmに生地をカットします。
横17cm、縦11cmで作りたかったので、横22cm、縦24cmです。

あっちゃん笑顔
ハンカチや手ぬぐいでも作れそうな大きさだね。
端1cmを折る
上下の端1cmを折ってアイロンで折り目を付けます。ガーゼのような端がほつれやすくて薄い生地は三つ折りに、切ってもほつれないTシャツなどのニット生地は三つ折りにせずにそのまま端から0.2cmくらいのところにミシンをかけます。
ここはマスクの上部になるところなので三つ折りをしないでいいならしないほうがすっきりと仕上がります。
マスクの生地を半分に折る
生地の裏側を表にしたまま半分に折り、端から1cmのところを直線縫いします。
縫い終わったら、縫い目を切らないようにギリギリのところで角を斜めにカットします。
ポケットの底の端を切る
こうして角の余分な縫い代をカットすることで表に返したときに端っこがモタモタせず、すっきりします。
角をつまむ
内側の角に人差し指を入れて外側から親指で押さえ、角をつまみます。
角を表に返す
角を持ったままくるっと表に返します。これである程度綺麗に角が出てくるはずです。
目打ちで角を出す
仕上げに目打ちなどの先の細いものを使って角を綺麗に出して整えます。
ポケットマスク
マスク本体が袋状に縫えました。

袋をマスクの形にする

ゴムが通る穴を作る

袋の端を折る
端から1.5cmを折り、折った端の0.2cmを直線縫いします。

あっちゃん笑顔
ここがマスクのゴムが通る穴になるよ。
マスクのゴムを用意する
マスクのゴムの長さとゴム自体の伸び率がそれぞれ違うので、はっきり何センチとお伝え出来ませんが、少し長めに切って調整してみてください。今回私は25cmでカットしました。

ヘアピンを使ってゴムを通す

ピンでゴム通し
今回は、ゴム通しの代わりにヘアピンを使ってみます。マスクのような小物だと専用のゴム通しよりもむしろヘアピンのほうが使いやすいです。先の丸いヘアピンを使うと、うっかり生地を破いてしまわないので安全ですよ。
ヘアピンでゴム通し
ヘアピンにゴムを通して、マスクのサイドにできた穴に入れます。
マスク用ゴムを通す
そのまままっすぐピンを通していきます。
ピンが反対側から出る
ピンが反対側から出てきたらゴムが抜けてしまわないように気を付けてピンを外します。
マスクのゴムを結ぶ
マスクのゴムの端をまとめて軽く結び、いったんマスクを試着してみましょう。ゴムの長さを調整して問題なければしっかりと結び、余分な長さがあればカットします。
フィルターの入れられる布マスク
結び目がマスクの穴の中を通るようにゴムを引っ張って回したら袋状になったマスク本体の完成です。

マスクにフィルターをいれる

キッチンペーパーポケットマスク
マスク用フィルターが手元になかったので、とりあえずキッチンペーパーを4つ折りしてポケットの中に入れます。
こういう不織布シートや高機能マスクシートを入れるといいなと思います。

布と紙のマスク
ポケットの上から見るとこんな感じです。ウイルスカットフィルター、濡れコットン、キッチンペーパー、ガーゼなどなどなんでも入ります。
布マスクの肌触りのよさ、メガネが曇りにくい、簡単に作れるっていうメリットと紙の使い捨てマスクのいいところの両方をを採り入れられるマスクになりました。
簡単に濡れマスクが作れるので、風邪をひいてたりのどを痛めやすい人には寝る時用のマスクとしてもいいのではないかと思います。

あっちゃんウインク
大人用から子供用まで好きなサイズで作ってみてね!

今はマスクが手に入らなくて大変な時期だとは思いますが、こんな時こそハンドメイドが役に立つといいなと思います。
学校が急にお休みになって家で時間がたっぷりできてしまった子供さんも、ミシンを持っていなくても針と糸だけでできる手縫いの簡単なマスクや工作感覚で作れるマスクの作り方などいろいろご紹介していますので、ぜひ作ってみてほしいなと思います。

作り方と型紙 OHARICO

マスク不足で型紙いらずの簡単ガーゼのマスクの作り方をご紹介します。子供用マスクも […]…

作り方と型紙 OHARICO

新型コロナウイルスの影響でマスクが品切れ、マスクが入荷されても買い占められてすぐ […]…

あっちゃん真顔
少しずつですが、不定期にマスクのゴムを販売しています。下記のページの「マスク用ゴムの販売について」をご覧ください。
作り方と型紙 OHARICO

コロナウイルスによるマスク不足の影響で、手作りでマスクを作る方がとても増えていま […]…