簡単すっきり!プリーツマスクの作り方

マスクが街から消えて、仕方なく布マスクを作ってみた人もいらっしゃるかもしれませんが、マスク不足がきっかけで布マスクを作ることにハマってしまった方もいらっしゃるかと思います。縫い物をするという新しい趣味ができたり、誰かにプレゼントして喜んでもらえるのが嬉しかったり、新しい素材の活用やより良い作り方を研究することに目覚めたり・・・。人それぞれ感じ方は違うかもしれませんし、マスクに限らずですがどんな形であれ、自分で作ることの大切さが見直されたらいいなと思います。
私は縫うことや作ることが大好きですが、延々と同じものを同じ方法で作るというのには飽きてくるので、ちょっとずついろんなことを試しながらいいなと思った方法をOHARICOで発信しています。時間が経つともっとこうしたほうがいいなという方法が見つかるときもあるので、今回はそれも踏まえてプリーツマスクをより簡単にすっきりと作る方法をお伝えしたいと思います。

基本的なプリーツマスクの作り方はこちらです。

作り方と型紙 OHARICO

コロナウイルスでマスクが手に入りにくくなってますね。私は鼻炎なので年中マスクが必 […]…

プリーツマスクを作られた方はわかるかと思いますが、プリーツマスクを作るときに一番面倒なのはプリーツを折る部分ですよね。でもプリーツマスクを作る以上、ここは避けては通れないのです。
そこで、誰でも手に入るものを使ってプリーツを折る作業を簡単に手早く、そして綺麗に折る方法を考えてみました。

あっちゃん笑顔
プリーツマスクの型紙は同じものだよ。

用意するもの

  • お好きな生地大(23×18cm)、中(21×16cm)、小(19×15cm)それぞれ表地、裏地
  • マスク用ゴム
  • 厚紙

【大・中・小】プリーツマスクA4 PDF型紙

A4用紙2枚に印刷できます。
出来上がり寸法
1710
158
137
ダウンロード【大・中・小】プリーツマスク型紙 A4サイズ

PDFデータは家庭用プリンターやコンビニ等で簡単に印刷できます。
OHARICOのプリーツマスクはわりと大きめです。大は男性用にも、すっぴんで外出したい女性にも。小は小学生くらいの子供用です。
出来上がりサイズを確認して、もしちょうどいいサイズがなければ印刷時に拡大または縮小して作りたいサイズに調整してくださいね。

あっちゃん笑顔
印刷したプリーツマスクの型紙が欲しい人はこちら

OHARICOのマスク型紙は、PDFで無料公開しておりますが、どうしても印刷ができない方のために郵送にてお送りしています。
大と中・小の型紙が1部ずつはいったA4サイズ2枚でお送りします。
厚紙を1枚同梱しています。もしよろしければプリーツマスクを作るときの簡易アイロン定規にお使いください。

メルカリをはじめ、当社サイト以外で販売されているOHARICO型紙やキット、OHARICO型紙を使用したインターネット上での販売物は違法な商品です。ご注意ください。

プリーツマスク型紙 A4プリントアウト

110円(税込)送料別途180円 ※普通郵便での発送となります。

動画で見るプリーツマスクの作り方


「簡単すっきり!プリーツマスクの作り方」の字幕解説付きフルバージョンです。18分58秒あって少し長いので、下記の作り方の説明では動画を分割して掲載しています。作り方を一通り見たい人はまずはこちらの動画をご覧ください。

型紙と生地の裁断


わの裁断方法

型紙のカット

型紙に合わせて生地を裁断する場合は、「用意するもの」のところに書いてある用尺よりも少し大き目のものを用意します。生地を中表に半分に折ります。生地を半分に折った時の折山を「わ」といいます。
生地の折山と型紙の「わ」の記号を合わせて配置して裁断します。マチ針で型紙と生地を留め、ハサミで切っても大丈夫ですが、カッティングマットの上に置いて洋裁用文鎮などの重りをのせ、ロータリーカッターで切ると便利できれいに切れます。

表地の裁断

表地の中心に印
表地を裁断したら、生地を折ったままの状態で上下とも中心にマチ針を打っておきます。

裏地の裁断

プリーツマスク裏地の型紙
裏地を裁断するために型紙を図の青い線の通りに2か所折ります。表地よりも裏地を小さくすることがプリーツマスクをすっきりと仕上げるコツです。
※この場合、出来上がり寸法が縦方向に1cm短くなります。
プリーツマスク裏地の裁断
裏地にする生地を中表に半分に折り、裏地用に折った型紙をのせて裁断します。このときも生地の折山と型紙の「わ」の印を合わせてください。
裏地の中心に印
生地を裁断したら、そのままマチ針で生地の中心の印をつけておきます。

表地と裏地を合わせる


生地の中心同士を合わせる
生地が中表になるように配置し、表地と裏地につけた中心の印同士が合うように重ねます。
鼻側をマチ針で留める
中心から外に向かって端を合わせながらマチ針で留めていきます。
顎側の中央を合わせる
片側の辺が終わったら、反対側の中心の印同士を合わせておなじように留めていきます。
あらかじめ裏地を表地よりも1cm短く裁断しているので、表地がたるむような感じになりますがそれで大丈夫です☆
プリーツマスクの端縫い
マチ針で合わせたら、端から1cmの所を縫います。
もし、ノーズワイヤー(テクノロート)を入れる予定なら、鼻側になるほうは1.2cmくらいで縫ったほうが次の線が縫いやすいです。
ノーズワイヤーの入れ方
ノーズワイヤーを入れる場合は、先ほど縫った線の外側にノーズワイヤーの太さ+0.2cmくらいの線をもう1本縫います。すこし余裕があることでスムーズにワイヤーを入れることができますよ。
プリーツマスクを表に返す
横から手を入れて、生地を表に返します。
プリーツマスクの形
ここまで中表で縫っていたので、ひっくり返すことで生地が外表になりました。
マスクをアイロンで整える
マスクの端をアイロンで整えます。理論上は表地のほうが裏地よりも1cm長いので上下とも0.5cmの差ができるはずですが、実際は生地の厚みがあるので0.2~0.3mmほど裏地が表地よりも控えられます。あまり細かい数字にとらわれず、表地が少し見えるようにしてアイロンで端を整えます。
あっちゃん笑顔
マチ針で押さえるとアイロンをかけやすいよ。
裏地が飛び出ないマスクの作り方
片側をアイロンで整えたら、反対側も同じように裏地を控えて整えてください。全体にアイロンをかけると裏地と表地がぴったりあうようになるはずです。
あっちゃんウインク
綺麗に作るとマスクの裏地が表に飛び出てこないよ♪

プリーツをたたむ


手作りアイロン定規
マスクよりも横幅が広い厚紙を用意します。ある程度しっかりしている紙ならなんでもいいのですが、表彰状の厚さくらいの紙を用意しました。
あっちゃん笑顔
簡単なアイロン定規を作るよ!
片側は下から3.8cmのところ、反対側は下から0.8cmのところに線を引きます。
この数値は、OHARICOプリーツマスク型紙(大)のプリーツをたたむときに、最初に4cm、その後は1cmでたたむんでいくのですが紙の厚みや生地の厚みを考慮してそれぞれ0.2cm引いた数字にしています。
お作りいただいているマスクのサイズ、生地の厚み、アイロン定規にする紙の厚みを考慮して数値は調整してください。
アイロン定規でたたむ
マスクの生地を裏地が上、ワイヤーを入れた場合は鼻側が手前になるようにして置き、アイロン定規の太い方の線(3.8cm)のところに端をあわせて生地を折ります。
アイロン台の上で作業をすると、生地、アイロン定規ごとマチ針で挿して固定することができます。
アイロンで押さえる
そのままアイロンをしっかりかけます。定規は紙でできているのであまりスチームをかけすぎるとフニャフニャになってしまうので、スチームを使う場合は軽めに。

マスクの生地を表に返して、ここからは細い方の線を定規として使っていきます。
細い方の線と最初の折山がまっすぐにそろうように生地を折り、アイロンで押さえます。
裏からプリーツ
再びマスクの生地を裏に返して、細い方の線と最初の折山がまっすぐにそろうように生地を折り、アイロンで押さえます。
簡単プリーツの折り方
次はマスクを表に返して、二番目の折山と細い線がまっすぐそろうように生地を折って、アイロンで押さえます。
マスクの生地は裏表裏表・・・と順に返していき細い方のアイロン定規に合わせて折って、アイロンでひだを押さえるということです。
もうワンセット繰り返すとマスクのひだが3つになります。
プリーツを仮縫い
プリーツをたためたら、しっかりと全体にアイロンをかけて、たたんだひだが外れないようにマチ針で留めます。
マチ針だけだとばらけてくるので、生地の端から0.5cmくらいのところを縫って、プリーツを仮留めします。

ゴムを通してマスクを仕上げる

ゴム通し部分を作る

マスクの端を折る
マスクの横の端を1cm折ります。折ったらマチ針で固定しておくと次の作業がやりやすいです。

あっちゃん笑顔
細かい作業は洋裁用のゲージがあると便利。
端をアイロンプレス
アイロンでしっかりと押さえます。
裏地を隠す
さらにもう一度折ります。このとき裏地の端が隠れるように折ってくださいね。
太く折るほうが簡単ですが、あまり太く折るとゴムを通すところが太くなって出来上がりがもっさりした印象になります。
コバステッチ
両端とも三つ折りにできたらマチ針で留め、折った端から0.2cmくらいのところを縫います。
アタッチメントをまつり縫い押さえなどに替えると針目を落とさずに縫いやすいです。縫い方のコツ
縫う時に、目打ちなどで生地が浮いてくるのを押さえながら縫うときれいに縫えますよ。生地が厚くなるので少し縫いにくいですが、慌てずにゆっくり縫ってくださいね。

ゴムを通す

ゴム通しを使う
ヘアピンかゴム通しにマスク用ゴムを通します。
マスクのゴムを通す
さきほど作ったゴム通し口にゴムを通します。
マスクゴムの結び目
最初は端を軽く結び、ゴムの長さがこれでいいか確認してから、端をしっかりと結びます。結び目の先の余分なところがあれば切り落とします。
ゴムをひっぱって結び目をマスクのゴム通し口の中に隠してください。両サイドともゴムが通せたら完成です。

プリーツマスクの完成

簡単プリーツマスク
簡単すっきり!プリーツマスクの完成です。
サイドのゴム通し口は生地がたくさん重なるので、裏地の横幅を短くすることで見えない部分の余計な生地を少なく、すっきりとさせました。
そうすることで縫いやすくなるし、ゴム通し口が細い方が見た目もすっきりシャープになります。
プリーツは厚紙を使ってたたむことで、測る作業が減るし、左右のバランスもよく簡単にプリーツをたためます。
OHARICO型紙ではひだが3つできるように作ってありますが、もしもっと簡単にしたかったら、厚紙に線を引く太さを調整してひだを2つにすることもできます。
裏地が出ないプリーツマスク
裏地の縦方向を1cm短くすることで表地が裏に回り込みます。布マスクは何度も洗って繰り返し使えるので、使っているうちに裏地が伸びて表から見えてくることを防ぎます。
いろいろな縫い方のテクニックを盛り込んでみましたが、自分にぴったりのより素敵なプリーツマスクをつくってくださいね。

あっちゃん笑顔
お洒落なマスクを作ってね♪
広告