お裁縫のコツまとめ

ソーイングのコツをまとめてみました。これからも洋裁用語やサイトの中で出てくるちょっとしたコツを追加して更新していく予定です。
皆様のお役に立てる洋裁辞典になれるよう精進します。

ソーイングのコツ

キセとは?
洋裁用語のキセとは、裏地にゆとりをもたせて伸縮性をよくするために、生地と生地のつなぎ目を縫い目で開かずに、縫い目から少しずらした位置で開くようにする手法です。
キセをかけるとは

簡単なきりじつけの方法
簡単なきりじつけは型紙の上から、2本どりの仕付け糸で印をつけたいポイントを通して、短く切っておきます。
生地を2枚重ねているときは、生地と生地の間もはさみでカットしておきましょう。
「きりびつけ」とか「きりび」と呼ぶ人もいます。普通のきりじつけよりも簡略化したやり方ですが、糸が抜けてしまわないようにさえ気をつけていればこの1本通すだけのきりじつけでも十分ですよ。

ロックミシンの端の始末
ロックミシンで空縫いしたときに出来る編目の事を空環(からかん)といいます。ロックミシンの縫いはじめと縫い終わりは空環を5cmほど残して、縫い終わってから結びます。団子結びのような簡単な結び方で大丈夫です。
ロックミシンの端の始末

ポイントの名前
  • CF(Center Front) 前中心
  • CB(Center Back) 後中心
  • SNP(Side Neck Point) 肩縫い目と衿ぐりが交わる点

コバステッチとは?
端から1~2mmをミシンで縫うことを言います。ほかに端ミシン、コバミシンなどの言い方があります。
コバステッチ

平付けとは?
袖の付け方で、袖山と身頃を先に縫い、半分にたたんで袖下から脇を通って裾までを一気に縫う方法です。
袖山が低く袖ぐりのカーブがゆるやかなシャツを作るときには平付けが一般的です。
反対に、袖山が高く袖ぐりのカーブがきついシャツの場合は「丸付け」といって、先に袖下を縫ってから身頃と袖ぐりを縫い合わせる方法があります。平付け

ミシンで角を縫う方法
最初の端を縫う
最初の端をまっすぐに端から1cm縫い進めていきます。
端の手前でいったん止める
端の手前1cmのところで縫うのをいったん止めます。ここで針を刺したまま押さえ金を上げます。
生地を回転させる
そのまま生地を90度回転させます。
ミシンで角を縫う
押さえ金を再びおろして、まっすぐ縫います。これで直角に縫えています。

手縫いの方法

作り方と型紙 OHARICO

やりはじめるとハマってしまうチクチク針仕事。ミシンがなくても縫えるいろいろな手縫 […]…