額縁仕立ての縫い方

ズボンやスカートの裾、ランチョンマットやコースターの角などお裁縫では角の始末をする場面が出てきます。
生地が何回か重なって厚くなる角はスッキリ仕上げたいですよね。今回は斜めに線が入った縫い方、「額縁仕立て」という方法で角の縫い方を説明します。
主に四角形の小物などにする普通の額縁仕立ての方法と、ズボンやスカートの裾のスリットなどに使う応用編の額縁仕立ての方法の2種類をご紹介します。

額縁仕立て

角に斜めに縫い目の線が入ったプロっぽい仕上げ方です。絵などを入れる額縁のように見えるから「額縁仕立て」という呼び方をされています。

基本の額縁仕立て

額縁仕立ての基本
基本の額縁仕立てとは、交わる辺の始末と縫い代が同じ長さの場合の縫い方です。ここではどちらの辺も三つ折りにするということで説明します。
文字で書くとややこしいけれど、要するにランチョンマットやコースターなどシンプルな四角形のものを縫う時によく使われるスタンダードな方法です。
出来上がり通りに折る
まずは角の出来上がり通りに折り、アイロンで型をしっかりつけるために強めにプレスします。
折り目を開く
畳んだところを開いてみると、しっかりと折り目の方がついています。
三角形にたたんで縫う
外表にして角を三角形にたたむと、写真のように折り目によって交点がわかります。その交点から直角に定規をあてます。
線を引く
チャコや後で消えるチャコペンなどを使うと便利ですよ。写真のように線をひき、その線の上を縫います。

あっちゃん真顔
縫い残している端は後で辺の内側に折り込む部分になるよ。

余分なところを切り落とす
余分なところをカットします。まず縫い目と平行に1cmほど残して切ります。そのあとに、交点の縫い目ギリギリのところまでを切り落とします。
縫い代を開く
①②のようにカットすることで、縫い代を開くことができます。アイロンでしっかりと押さえてください。
角の裏側
左右の縫い代が開けたら、このようになっています。
額縁仕立て
角を表に返し、辺の端は内側へ折り返してアイロンで整えます。まつり縫いまたはステッチをかけて端の処理をしたら完成です。

辺の始末の方法と縫い代の長さが違う場合

辺の始末の仕方の違う額縁縫い
スカートやパンツのスリットで額縁仕立てにしたいとき、縦方向が三つ折りで横方向(裾)がロックミシンで端の始末をする場合があります。基本の額縁仕立てを理解しているとそんなに難しくはないのですが、少し応用編です。
裾にロックをして出来上がり通りに折る
縦方向の辺を三つ折りにし、横方向の辺(裾)にロックミシンまたはジグザグミシンをかけて端の始末をして、出来上がり線で折ります。
斜めに折る
出来上がりを想定して角の斜めになる線を内側へ折り、アイロンでしっかりとプレスして折り目をつけます。
畳んだ角を開く
畳んだ角を開くと、折り目がついています。
生地の厚みでのずれ
折ってアイロンでプレスするときに、生地の厚みがあるのでどうしても少しずれてしまいます。本来できるはずの折り目の線は図の赤線のようになります。
対称の線
折り目の赤線のすぐ横の垂線を挟んで対称になる線(青線)が縫い目となる線です。青線にあたる部分にチャコペンなどで線を引いてください。
角を外側に折る
青線の内側の頂点を中心にして角を中表に折ります。この時、青線の外側の頂点が縦のラインの三つ折りの折り目とぶつかるところで折ります。
縫い代を切る
青い線の部分をミシンで縫います。1cmほど縫い代を残して、①をカットし、さきほど頂点にした部分に向かって②をカットします。

あっちゃんウインク
不安な人は、縫い代を切ってしまう前にこの縫い目であってるのか確認してね。

額縁仕立ての内側
縫い代をアイロンで開き、角を整えます。
スリット用の額縁縫い
表に返すとスリット用の額縁仕立ての出来上がり。角は目打ちなどを使ってきっちりと出してくださいね。

あっちゃん焦る
いらない布で練習してみてね!
広告