袖口や裾の始末をする方法まとめ

スカートやパンツなどのボトムスにも、Tシャツなどのトップスにも必ず「裾」がありますよね。洋裁の方法って必ずしも一つではなくて、いくつかあるやり方の中から生地、仕上がり、簡単さ、道具などなどいろんな要因の中からベストな方法を選択して仕上げていきます。ここでは、裾の始末の方法をいくつかご紹介します。

三つ折り

ロックミシンがなくてもできる、スタンダードな裾の始末の方法です。学校の家庭科でも習ったことがあるので誰でも一度はやったことのある方法ではないでしょうか。生地を三つ折りにする
生地の端が内側に隠れるように三つ折りにします。アイロンでビシッと型をつけると仕上げやすいですよ。スライドゲージがあると便利。

三つ折りとミシンで直線縫い

三つ折りとミシン縫い
折山の端から1~2mmのところに直線縫いでミシンをかけます。まっすぐ縫うことができればとっても簡単で早い端の始末の方法ですが、表側にミシン目が出てしまいます。デザイン的に問題なければこの方法でも大丈夫。

三つ折りとまつり縫い

生地の表側にミシン目を出したくない場合や、カーブがきつい裾などは手縫いでまつり縫いをします。
手間はかかりますが、その分見た目が綺麗に仕上がり風合いもよくなります。
まつり縫い
まつり縫いの方法もいろいろあるので、こちらもご参照ください。
作り方と型紙 OHARICO

やりはじめるとハマってしまうチクチク針仕事。ミシンがなくても縫えるいろいろな手縫 […]…

ロックミシンで端の始末


ロックミシンがあると端の始末は格段に便利で美しい仕上がりになります。
ロックミシンがなくても普通のミシンにジグザグ縫いの機能がついていればそれを使うこともできますよ。
生地の端にロックミシンをかけて端がほつれないようにします。出来上がり線で折りアイロンで型をつけます。生地の端にロックミシン

端ロックとミシンで直線縫い

ロックミシンと直線縫い
端から2~3mmのところをミシンで直線縫いします。この方法もとっても簡単ですが、表にミシン目が出てしまいます。

端ロックとミシンと奥まつり

生地の表側にミシン目を出したくない場合や、カーブがきつい裾などは手でまつり縫いをします。
ロックミシンで端を処理した場合は「奥まつり」というまつり縫いの方法が仕上がりが綺麗です。
奥まつり縫いまつり縫いの詳しいやり方はこちらをご覧ください。

作り方と型紙 OHARICO

やりはじめるとハマってしまうチクチク針仕事。ミシンがなくても縫えるいろいろな手縫 […]…

たたんでロック&ステッチのプロっぽい仕上げ方

Tシャツやニット系トップスの裾などはこの方法で裾を始末するととても綺麗です。既製品みたいなプロっぽい仕上がりになるのでオススメです。
型紙上の出来上がり線より少し長めに仕上がります。

出来上がり線で折る
例えば出来上がり線が裾から4cmとすると、裾から4cmをぐるりと一周、身頃に対して外側に折ります。アイロンでそっと押さえます。

あっちゃんウインク
説明用の青い生地だと裏表の色が同じなので少しわかりづらいので、こちらもご覧ください。
裾を外側に折る
裾全体を外側に折りました。

裾をもう一度折る
裾の端を先ほど折った線に合わせます。
裾をぐるりと一周折る

ぐるりと一周、待ち針で合わせていきましょう。
今合わせたところをロックミシンで縫っていきます。
ロックミシンの設定は以下の通りにしています。生地の厚みによって変わると思いますので、ご参考までに。

<ロックミシンの設定>

  • 4本針2本糸
  • 差動はN
  • 普通ロック
  • かがり幅はM
  • メスを固定

あっちゃん真顔
ロックミシンのメスは絶対に固定してね。

ロックミシンで裾を始末
できるだけ平らな仕上がりになるように心がけて縫います。

ックミシンで裾を始末する
ぐるりと1周縫えたら、ロックミシンの糸の端の始末をして、縫い代を服の内側へ倒してアイロンで整えます。端を仕上げる縫い代を固定するために端から1~2mmのところにコバステッチをかけます。
表にステッチが出るので、難しい場合はこれはしなくても大丈夫。個人的にはこの仕上げのステッチをかけていたほうが洗濯した後も型崩れすることなく、着心地がよかったのでオススメです。