クロスヘアターバンの作り方

お洒落なクロスヘアターバンの作り方をご紹介します。洋裁をしているとハギレがどんどん溜まってきてしまいますが、ハギレの有効活用にももちろん、お好きな生地で作ってみてくださいね。ミシンで縫う部分を手縫いにしても大丈夫。意外と簡単に作れます。お洒落をランクアップさせたり、洗顔やメイクの時に髪をよけるために実用的なヘアバンドとして使ったり、お友達へのプレゼントにも最適です。

用意するもの

  • お好きな生地55cm × 25cm 2枚22cm × 7cm 1枚
  • ゴム2cm × 12cm 1つ
あっちゃんウインク
実際に目安で作ってみて、頭の大きさや生地の伸縮性を考慮して大きさは調整してみてくださいね。

ヘアターバンの作り方動画

クロスヘアターバンの作り方

パーツの端を縫う

ターバンを半分に折る
長方形の大きい生地を表が上になるように横向きに置いて、半分に折ります。
端を縫う
端にマチ針を留め、端から1cmのところを縫います。
もしミシンがなければ、手縫いでも大丈夫です。細かくなみ縫いをしてください。

作り方と型紙 OHARICO

やりはじめるとハマってしまうチクチク針仕事。ミシンがなくても縫えるいろいろな手縫 […]…

ターバンの縫い方
もう一枚の大きい生地も同じように折って、縫います。
マチ針を留める順番は、端と端を合わせ、真ん中を合わせ、最後にその間を合わせていくとおさまりがいいですよ。小さい生地を縫う
小さい生地も同じように折って、縫います。

縫い代を開く

縫い代が中心になるように置く
端が縫えたら縫い代が中心になるように置き、縫い代を開きます。
アイロンで縫い代を開く
アイロンで縫い代をおさえながら開いていきます。
縫い代の割り方
もう1枚のパーツも同じようにアイロンで縫い代を開いていきます。
小さいパーツの縫い代少しやりにくいですが、小さいパーツも同じように縫い代を開きます。

表に返す

生地を表に返す
生地の外側が表になるように返します。
アイロンでしわを取る
表に返せたら縫い目の線が中央を通るように置いて、アイロンで整えます。
もう1枚のパーツも同様に。
表に返しにくいパーツ
小さいパーツは表に返すのが少し大変です。
細い棒で表に返す裏技
端を少し返せたら、何か細くて長い棒を使うとわりと簡単に表に返すことができます。
私は鉛筆を使ってみました。お箸でもいいかもしれません。
ループターナーを使うほど細いパーツではないので、頑張れば手だけでも表に返すことができますよ。

細いループを返す
少し表にかえったところを押すように鉛筆を突っ込んで押しながら、内側の生地を手で引っ張り出していきます。
両端を折る
表に返せたら、同じように縫い目が中央を通るように置いて整えます。
端1cmのところを折ってアイロンでしっかり押さえます。
両端を折る
両端とも折って、アイロンで押さえました。
折り目で端を内側にいれる
折り目をさかいにして、両端を1cm内側にいれこみます。
ヘアバンドの後のパーツ
両端とも内側にはいったら、アイロンで整えます。細かい部分は手でやりにくかったら、目打ちなどの細いモノを使って作業するときれいにできますよ。

ヘアバンドの形を作る

布を交差させる
大きなパーツの縫い目側が上を向くように横向き置き、いったん半分に折って中央がどこらへんにあるか目途をつけます。その中央部分に右端が合うように、もう1つのパーツを垂直に置きます。このパーツも縫い目が上を向くように配置してください。横方向に折る
横向きの生地を半分に折ります。
縦方向に折る
縦方向に半分に折って、交差した状態になったらそれぞれの端をマチ針で留めて、端から1cmのところを縫います。
ターバンの形
端を持ってひっぱると!クロスターバンの形が見えてきました。
※動画では、先にこの形にしてから後で端を合わせて縫っていますが、結果は同じです。

ゴム部分の始末

ヘアバンドにゴムをつける
ヘアバンドの端の長さと、ゴムの幅が同じになるように生地の端を折りたたみます。
生地をたたむ
生地が厚くてゴムの幅にならない場合は、ゴム自体の幅を広くするなど調整が必要です。
端にゴムをつける
折りたたんだ生地はかなり厚くなるので、ゴムと生地を一度に縫い合わせるのは大変です。
先に生地だけをたたんだ状態で縫ってから、ゴムの端を縫い付けるほうがやりやすいですよ。生地が厚くてミシンが通りにくい場合は、手縫いでも大丈夫です。
ゴムに小さいパーツをかぶせる
ゴムがつけられたら、先ほど作っておいた筒状の小さいパーツをゴム部分にかぶせます。
ゴムを包む
奥まで挿し込んでいく感じで被せます。
ピンセットでゴムを引き出す
ピンセットや毛抜きなどを使って、筒の内側に入り込んだゴムの端をつまんで引っ張り出します。

あっちゃん笑顔
ピンセットも毛抜きも使ってみたけど、毛抜きのほうががっちりゴムをつかめる感じがしました。
ゴムシャーリング
ゴムをつかめたら、ゴムの端が出てくるように生地を寄せていきます。
反対側の端をつなげる
反対側の生地の端とゴムの端を縫い合わせます。
生地をゴムの幅になるように折りたたんで縫い合わせる方法です。

ヘアバンドの仕上げ

ヘアバンドの形
これで、ヘアバンドが一周つながった円状になりました。
寄せておいた筒状の生地の端を、縫い目に被せるようにします。
目打ちを使った細かい部分の調整
細かい部分は目打ちなど細いモノを使って、筒の内側にゴムと生地の縫い合わせ部分が入り込むようにします。
縫いはじめの位置
手縫い糸を二本どりにして、小さいパーツの縫い目から針を入れて縫いはじめます。
まつり縫い
大きいパーツ側の生地、小さいパーツ側の生地の繊維をそれぞれ少し針ですくうようにして、交互に縫い進めていきます。
交互にすくっていくことで表からは糸が見えなくなります。
境目を縫った
一周ぐるりと縫えたら反対側も同じように縫い合わせます。
クロスヘアバンドの完成
クロスターバンの完成です♪

クロスヘアターバンまとめ

ミシンでも手縫いでも意外と簡単にできるクロスヘアターバンの作り方をご紹介しました。
目安としてサイズを記載しましたが、ヘアバンド部分の幅を細くしたり太くしたり、ゴムの幅も変えたり、アレンジ無限大です。
大きな生地のパーツは同サイズで2枚用意したので、生地がクロスされた部分は頭の前中央にきます。サイド寄りにクロス部分が来るようにしたい場合は、大きな生地のパーツの長さを変えれば結び目部分が移動します。
もっと小さいサイズでお子様用もつくれるし、頭の大きさによってゴム部分の長さを調整して作ってみてくださいね。
お気に入りだけど使い道に困っていたハギレもぜひ活用してみてください。