型紙なしで作るニットスカート

共布でコーディネート

ノースリーブのカシュクールを作ってみて、ボトムは何を着ようかな?と思いました。シンプルなデニムでもいいし、手持ちのエスニック調のパンツでもいいけど、シンプルなスカートを作るくらいの布が余ったので型紙なし、裏地なしで簡単に作ってみました。切ってもほつれないタイプのニット生地なので、端の始末もいらずとっても簡単でした。

ノースリーブカシュクールの縫い方

エスニックセットアップ
カシュクールを片身替わりで作ったので、無地のニット生地で作るといい感じのセットアップになりました。
スリットスカート
足さばきがいいように前にスリットを入れています。でも、いわゆる普通のスリットでは生地が開きすぎてしまい座った時に品がなくなるので、生地が重なるようにベンツ仕立てにしています。こうすることで座った時にもスリットの部分が開きすぎず、歩いた時にも足元がチラ見え程度なので下品にならないかなと思いました。

レイヤードスカート
ニットスカートだけでは、下着の線も透けたりしそうでなんだか不安という場合は、片身替わりの柄のあるほうの余り生地を大判のスカーフのようにカットして、三角に折り、腰に巻いちゃいましょう。
エスニックな服の作り方
斜めの面白いラインのレイヤードセットアップになりました。ドレープで細見え効果もアリ◎
肩に掛けるスカーフ
冷房が効きすぎて寒いお店にきちゃったときなんかには、肩に掛けて冷房対策にも。共布を大判スカーフのように使うと着こなしの幅がひろがるので、生地が余ったらぜひやってみてください。こういった応用ができるのもハンドメイドならではの楽しみ方ですよね。

余り布で作るニットスカート

生地を裁断する

ニットスカートの型紙
余った生地をめいいっぱい使って図のようにカットしました。縦はスカートの長さ(ウエストのゴム入れ部分を含む)になります。横は自分のヒップがはいれば着ることができるので、体に巻き付けてみて確認してくださいね。

あっちゃん笑顔
生地が足りない場合は他の布とつなぎ合わせてパッチワークスカートにしてもいいね。
ベンツの重なりや縫い代、ゆとりが必要なので、ヒップと同じだと窮屈なので、少し余裕をもった横幅にしてください。
3.5cm幅のウエストゴムを使うので、自分のウエストにあった長さのゴムを用意してください。ウエストゴムの長さの目安は、ウエストに巻き付けてちょっとだけキュッと締めたくらいの長さです。
今回は切っても端がほつれないニットを使っているので、生地の端は切りっぱなしの軽い仕上がりにしています。ほつれる生地をお使いの場合は、ロックミシンや三つ折りで端の始末をしてください。

スカートを筒状に縫う

ベンツの幅
外表にして生地が筒状になるように端と端を重ねます。3.5cm重ねて待ち針で留めます。
スリットの長さ
裾側が左手にくるように置いて、裾から35cmのところまでをベンツの開きにします。位置がわかりやすいように緑色の待ち針を打ちました。

あっちゃんウインク
ベンツ開き(スリット)の長さはお好みで決めてね。

スリットを縫う
ウエストからベンツ開きまでを縫います。
ベンツの縫い方
ウエストから縫いはじめ、ベンツ開きの位置で針を刺したまま90度生地を回転させ、3cm縫い、ふたたび90度生地を回転させてウエストまで縫っていくコの字型の縫い方になります。

ウエストの始末をする

ウエストゴムを入れる部分を縫う

ウエストの端から4.5cmをアイロンで折り、待ち針で留めておきます。端から0.5cmのところを縫いはじめ、縫い終わりの間を2~3cm開けて縫います。この開けた部分がゴム通し口になるので、ゴムを入れ終わったらミシンで縫って閉じます。
ちょうど先ほど縫ったベンツの幅が3cmなので、生地の端と端の重なり部分からウエストを縫い始めるといいですよ。

ゴム通し口を残してウエスト部分が縫い終わったら、ウエストゴムを通し、ゴムの端と端をしっかりと縫い合わせます。
ゴムが通って試着してウエストのきつさがオッケーなら、開けておいたゴム通し口はミシンで縫って閉じます。

これで出来上がりでもOKですし、スカートのドレープを考えて、前を少なめにしてすっきりと後ろをたっぷりギャザーがくるようにしたければ、もうひと手間くわえてみましょう。
ウエストギャザー
試着してみてスリットの位置、脇の位置を決めます。
脇の位置が決まったら前身頃側のウエストはすっきりと、残った生地を後ろに集めて脇の位置に縦方向にミシン目を入れます(左右とも)。このひと手間を加えることで自分の体型にあった着心地のいいスカートになりますよ。
あっちゃん笑顔
とっても簡単なスカートの作り方だから、ぜひためしてみてね。
広告