着物リメイクワイドパンツの作り方と型紙

着物リメイクワイドパンツの作り方と型紙

綺麗なウールの反物があったので、これで何か作ろうとおもいました。
ウールの反物
有来染小紋。着物のウールの生地はとっても軽くてしわになりにくくて丈夫です。正座して膝がぬけたりしないんです。
着物になるために生まれてきたのに、少し申し訳ない気持ちにもなりますが、箪笥の奥にいつかいつかと眠っている反物が日本中の家庭に驚くほどあるんだろうなと思います。
昔の人も古い着物をもんぺに作り替えていたのだから、着物地をズボンにするのは自然な流れかもしれません。
今回私は反物を使いましたが、古い着物をほどいて作ってみるのも味があっていいですよ。反物の幅はそれぞれ微妙に違うので作る前に測ってみてくださいね。
反物の幅を測ってみると幅が37cm。
パンツの横幅で一番大きくなるところが後身頃のヒップなのですが、そこを縫い代入れても37cm以内に収まるように設計して型紙を作りました。
もちろん、同じ型紙で洋服の生地で作ってもOKですよ!

用意するもの

  • 着物の生地 37cm幅 約4.5m
  • 3.5cm幅広ゴムのウエストベルト ウエストの長さ分くらい
  • 着物リメイクワイドパンツ A3 PDF型紙

    A3用紙9枚に印刷できます。

    PDFデータはコンビニ等で簡単に印刷できます。

OHARICO型紙の使い方

着物リメイクワイドパンツの縫い方

反物から裁断
前身頃を中表で2枚、後ろ見頃を中表で2枚それぞれ裁断して印をつけます。
着物の反物の幅をめいいっぱい使うために、この型紙ではパンツの縫い代を細めにしています。

前身頃に左脇だけにスラッシュポケットをつけます。(シームポケット、脇ポケットともいいます。)
使い勝手や好みで左右ともにつけたり、左右ともつけなくてもいいのですが、服を着るときタグや洗濯表示はたいてい左側についているので、「左脇にポケットがついてるな」と思っていればパンツをはくときに前後間違えたりしないからついているとちょっと便利。さらにポケットの機能ももちろんついているので便利です。

スラッシュポケットの作り方はこちらをご覧ください。

脇ポケットの縫い方(シームポケット・スラッシュポケット)

脇ポケット

前身頃1枚、後身頃1枚を中表に合わせて股下と脇を端から1cmのところを縫います。これが左右の足2本できますよね。
ポケットを付けた場合は、脇縫いのときに気を付けて縫ってください。

脇を縫ってロックミシン
縫い代を2枚一緒にロックミシンまたはジグザグミシンをかけて始末します。縫い代は後身頃側に向かってアイロンをかけて倒します。

ズボンの足を中表に合わせる
どちらか片方の足を表に返し、もう片方の足の中に中表になるように入れます。
ポイント、ポイントを待ち針で合わせて留めます。

股ぐりを縫う
端から1cmのところを縫います。ここは股ぐりと呼ばれるところなので、負荷がかかりやすいからお尻がやぶれないように2度縫いします。
縫い終わったら、これも2枚一緒にロックミシンまたはジグザグミシンをかけ、この縫い代は右見頃に倒しておきます。(どちらでもいいのですが、私は右に倒すように統一しています。)

外表に返すと、ほら!ズボンの形が出現。パンツを作るときのこの瞬間が好きです。

ズボンの端の始末
裾はロックかジグザグミシンをかけ、4cm折り返して端から3.5cmのとろこにぐるりと直線縫いでミシンをかけます。
表にミシン目を出したくない場合はまつり縫いをしてくださいね。

ウエストもぐるりとロックミシンの始末をし、上端から4cmのところを折ってアイロンをかけ、端から0.5cm以内のところをぐるりと一周ぬうのですが、ゴムをいれる位置を3cmほどあけておいて、ゴムを入れてから手縫いまたはミシン縫いで閉じます。
ゴムの端と端は1cmほど重ねてミシンで3度縫いするとしっかり止まります。

ウエストゴム
出来上がり!着物リメイクワイドパンツ

股上はしっかり深めになっていて安定感のある履き心地。反物はまだまだ残っているのでトップスを作ってモードな作務衣にしようかな。

  • 着物リメイクワイドパンツ A3 PDF型紙

    A3用紙9枚に印刷できます。

    PDFデータはコンビニ等で簡単に印刷できます。