革の長財布を作ろう【後編】

革の長財布を作ろう【後編】

革の長財布作りの続きです。私はいつも2種類の革を使ってツートンカラーにしますが、1色でももちろん、パーツごとに色を変えてもっとカラフルに作ることもできますね。同じ型紙でも素材や色を変えることで全然違うものになる、これもハンドメイドの醍醐味ですね。

革の長財布を作ろう【前編】~ダブルコインケースを組み立てる

  • 革の長財布ダブルコインケース A3 PDF型紙
    A3用紙2枚に印刷できます。

    PDFデータはコンビニ等で簡単に印刷できます。

③表地の前ポケットを作る

財布の前面ポケット
財布の前面補強の革と、カードポケットのうち1枚の革を用意します。

前面補強とポケット
カードポケットの革のむかって左端の裏に両面テープを貼って、前面補強の革と右端を合わせて配置します。

余分な革をカットする
カードポケットの型紙は長めに作ってありますので、はみ出した部分をカットし端を揃えます。

財布のポケット
カードポケットと前面補強を接着させた部分の端から5mmにミシンをかけます。

ポケット付き前面補強
カードポケットの革2枚目を用意し、先ほどのカードポケットから1.5cmずらしたところに仮接着をして端から5mmにミシンをかけます。
前面補強の一番下の端に両面テープを貼っておきます。

財布の表の革
財布の表革を用意します。まずはマグネットホックのオス側をつけるのですが、型紙にマグネットホックをつける位置の印が付いているので目打ちなどで軽く印をつけておきます。

マグネットホックのつけ方はこちらをご参照ください。

プロっぽく見える!マグネットホックのつけ方

表革と前面補強を合体させる
表地の端から1.5cmずらした位置にさきほどの前面補強を仮留めします。

表地を縫い付ける
ミシンで、全体の中心をマグネットホックのギリギリの位置まで縫います。
これで財布の前面にカードポケットが4つできました。

コインケースと表革を合わせる
この合体させた表地に裏地とコインケースのパーツの端を揃えてクリップなどで留めます。

④裏地に内ポケットをつける

仮の位置決め
財布を仮で組み立てるとこんな感じになりますね。長財布の形が見えてきて楽しくなってきます。

財布の内ポケット
ポケットの革2枚それぞれの片側の長い1辺に両面テープを貼ります。

内ポケットの位置ぎめ
裏地の蓋になる側から8.5cmのところにカードポケットの1つ目の端を合わせます。両面テープをはがして仮留めをしてください。

カードポケットを縫いつける
端から5mmのところを縫います。

内ポケットの配置
2つ目のカードポケットは1つ目のカードポケットから1cm前側にずらしたところに配置します。

財布の内ポケット2つ目
両面テープをはがして仮留めし、端から5mmを縫います。

裏地にカードポケットを縫い付ける
カードポケットをまたぐように中心を縫います。裏地に4つのカードポケットが付きました。

財布の表地と裏地
これで表地と裏地の準備ができました。

⑤財布を組み立てる

表地と裏地を合わせる
表地と裏地を前面にあたる部分の端を合わせて外表に配置します。前面の端の辺は両面テープで仮留めしてください。

財布を縫い合わせる
図のように5mm端にミシンをかけます。

両面テープを貼る
裏地の裏側の残り3辺に両面テープを貼ります。
このまま両面テープをはがして貼り付けてしまってもいいのですが、そうすると財布の形になったときの内側と外側にずれがでてきて、内側に来る裏地部分にしわが寄ってしまうんです。

そうならないためにちょっとコツがいるのですが、

内側と外側の差を考慮する
裏地のほうをやや突っ張り気味に配置して、左右の端の両面テープをはがして貼り付けてしまいます。
貼り付けるときに裏地と表地が今のようにまっすぐだとうまく貼れないですよね。

財布が折れた状態
だから、自然と財布の前面が折られた時の形になっていきます。こうすると裏地がたるまないで綺麗に接着できます。

コインケースをつける位置
コインケースが接着する位置に両面テープを貼ります。

コインケースを縫い付ける
コインケースの位置を合わせたら両面テープで貼りつけます。なるべく平らになるようにジャバラの部分を思いっきり開いて前面の左右端から5mmのところにミシンでステッチをかけます。できるだけ財布の底に近いところから縫いたいですが、無理しないように底の部分がきっちりと縫えていなくても、コインケースがしっかり接着できていればかまいません。

コインケース接着
左右とも前面部分にコインケースが縫いつけられた状態です。

反対側も縫う
奥側のジャバラも縫い合わせます。左手でジャバラを思い切り開くと縫いやすいですよ。

コインケース縫い合わせ
財布本体にコインケースが縫い付けられました。

財布の裏と表を縫い合わせる
コインケースより上部が財布の蓋の部分になるのですが、左右の5mm端にミシンをかけてください。このときも財布の蓋が折れ曲がることを考慮して裏地を引っ張り気味につけてくださいね。
ミシンをかけ終わったら、余分な革は端を合わせてよく切れるカッターで切り落としてください。

蓋を両面テープで接着
最後にひっついていなかった上部の両面テープをはがして接着します。

⑤財布の蓋の部分を処理して完成

財布のフラップ
裁断の際にあらかじめ表地のほうが長くなっているのですが、表地のはみ出た部分の端に両面テープを貼ります。
メス側のマグネットホックを付けるので、マグネットでオス側とメス側がひっついた状態にしておいてください。
まだ両面テープははがさないでくださいね。

蓋を折る
折り返しになる部分を仮で折ってみて、メス側のマグネットホックの位置の目安がつくように実際に財布の蓋を閉めた状態にしてホックの位置にうっすらと印をつけます。

マグネットホックをつける
マグネットホックの足が通る位置にカッターで切り込みを付けて、ホックをつけます。

プロっぽく見える!マグネットホックのつけ方

マグネットホック完成
マグネットホックが付いたら、まだはずしていなかった両面テープをはがして貼り付けます。
気になる人はここをステッチかけてもいいのですが、私は蓋の雰囲気をふんわり仕上げたいのでステッチは省略しています。つまり、蓋の折り返しの部分は両面テープだけで閉まっている状態なのですが、今までこの部分の両面テープがはがれてきて困ったことは特にありません。

財布完成
そしてそしてようやく長財布の完成です!!

  • 革の長財布ダブルコインケース A3 PDF型紙
    A3用紙2枚に印刷できます。

    PDFデータはコンビニ等で簡単に印刷できます。

あとがき

いや~。説明書くのとっても大変でした。どこまで丁寧に書くべきか迷うところもあったり、この記事つくる労力のわりにこの財布縫える環境が整っている人そんなにいないんじゃないかな?と心折れそうになったりしながらでしたが、もし誰かのお役に立てたら幸いです。

こういう風にネットで載せるよりもワークショップを開催したほうがいいのかな?というかんじの内容ですので、もしご興味あればお問い合わせくださいね。