脇ポケットの縫い方(シームポケット・スラッシュポケット)

脇ポケットの縫い方(シームポケット・スラッシュポケット)

脇ポケット シームポケット

脇線にある脇ポケット。私は「スラッシュポケット」と呼んでいたのですが、他にも「シームポケット」と呼んだりするそうです。
シームポケットのほうがメジャーなのかな?
パンツとかスカートとか、こういうちょっとしたポケットがあるかないかでその日着る服を選んだりしませんか?
ポケットさえついてればなーなんて思う服には、脇線をほどいて後からつけちゃってもいいかなと思います。

あと、私はテニスをするのですがテニスウェアのポケットはボールを何個かいれるので大きくて深いほうが使いやすいんです。テニス用じゃないパンツは使いにくいけど、ユニクロとかで売ってる安くて可愛いショートパンツだとポケットが浅くて使いづらい。。。それも脇にポケットを自分でつけなおそうかなと思ったりします。
(パンツから作ろうかなと思ったりもしていますけど。)

では、そんなちょこっとあると便利な脇ポケットの作り方をご紹介します。

シームポケット(脇ポケット)の縫い方

ポケット付け位置ポケットつけ位置
ポケット口(ぐち)から上下とも1cmほどはみ出した長さに伸び止めテープをカットしてアイロンで貼ります。
着ていると負荷がかかるところなのでやぶれたり伸びたりしないように補強するためです。

ポケット付け位置
前身頃のポケット付け位置にポケットの向こう布の上端を合わせて留めます。このとき、前身頃と向こう布は中表に合わさっている状態です。
ポケット口からポケット口までを縫います。
向こう布とは、ポケットに手を入れた時の手の甲側に当たるほうの布のことです。生地によっては、向こう布だけ裏地を使ったり薄手の生地をつかったりして、ポケットがついていることによるモタツキを減らしたりします。

ポケットに切り込み
先ほど縫った縫い目の端に直角に切り込みを入れます。縫い目ギリギリまで切ってください。

脇ポケットを裏返す
向こう布が表になるように開き、アイロンをかけます。

ポケットにステッチ
さらに向こう布が前身頃の裏に回るようにしてアイロンをかけます。
先ほど縫ったところの縫い代が内側にきてみえなくなっている状態です。いったん表に返して、端から0.5cmのとろこにステッチをかけます。

ふたたび身頃を裏返し、向こう布と袋布が中表になるように合わせて待ち針を打ちます。
袋布とは、ポケットに手を入れた時に手のひら側に来るほうの布です。袋布は服を着た時にちらりと見えるほうなので、目立たないように表地と同じ生地を使ったり、逆にちらりと見えるところを派手可愛い布で作ってもお洒落ですよね。

ポケットを縫い合わせる
ポケットの端から1cmをぐるりと縫い、縫った端をロックミシンかジグザグミシンで始末しておきます。
小さいパーツだから曲線が急になってしまうところもあるので、ロックミシンの人は生地を切り落とさない設定でロックをしたほうがいいと思いました。

脇戦を縫う
これで前身頃にポケットが付いた状態なので、後身頃と中表に合わせて脇線を縫います。
この時にせっかくつくったポケットの上にミシンをかけてしまわないように、かといって、ポケット口から離れすぎると袋布が見えてしまうのでポケット口のキワを通るように縫ってくださいね。

脇ポケット シームポケット
表側からポケット口のステッチに対して直角に返し縫をするか、閂止め(かんぬきどめ)をして出来上がりです。

閂止めのやり方はこちらです。