直線縫いだけでできる☆型紙いらずの立体スカート

直線縫いだけでできる☆型紙いらずの立体スカート

このスカート、着てると結構褒められるので調子に乗ってたくさん作ってます。冬物だとウールで作ったり、春夏ものだとコットンだったり。サイズも作り方のルールさえわかれば手元にある生地の幅から計算して作れるようになっているので型紙いらずでできるスカートです。しかも直線縫いだけでできるんですよ。

立体スカートを作る生地について

こちらの生地は大好きなechino(エチノ)の綿麻生地です。
古家悦子さんというテキスタイルデザイナーさんの生地なのですが何年か前のものなので全く同じものではないけど同じシリーズだとこういう感じです。

ブランド生地なのに値段もお手頃です。麻がはいってるし、しわしわになるのでは?と思ってましたが、新しいうちはたしかにしわはつくけど、スカートを何回か履いて洗濯を繰り返していくうちに、くったりした風合いになっていってむしろそのくったり感が着心地がよくなっていきます。

スカートの写真だけみるととっても複雑なつくりに見えるけど、実は生地のデザインが複雑なのでそう見えるだけで、スカート自体の作り方はもっと単純です。

着物リメイクスカート
こちらは、帯をリメイクして作りました。もともとは昼夜帯です。昼夜帯というのはリバーシブルの仕立てになっている両面つかえる帯で、裏面と表面の柄の相性がそもそもいい感じで作られているのでそれを活かして1枚の布に組み合わせることでスカートにリメイクしました。
着物も着物リメイクも好きなので洋服の型紙を作るときにも、反物の幅に入りそうなものはそれを計算して切り替えをいれたりして型紙をつくることもあります。

実は、こちらのトップスもそう。着物リメイクや帯リメイクでも作れる型紙となっています。

ノースリーブアシンメトリートップスの作り方と型紙

立体スカートの作り方

さて、前置きが長くなってしまいましたがいよいよ立体スカートの作り方です。説明がいつになく短いです。

円形にカットする
正方形の生地を四角く4つ折りします。ヒップのサイズにゆとりを足してそれを6で割った数字を半径として生地を畳んだ中心から円弧を描くように切り取ります。この切り取った布は広げると正円になってます。

立体スカート型紙
図のように同じ色の線同士を縫い合わせます。

スカートを縫い合わせる
こちらも同じ色の線同士を縫い合わせます。これにウエストベルトをつけると立体スカートになっています。
なんていうか、テーブルクロスをイメージしてもらうとわかりやすいかな。

ウエスト周りの処理はこちら。

ウエストゴムベルトのつけ方を知っておけばスカートが簡単に作れるよ

スカートの丈が短くてもう少し長くしたいけど生地が足りないという場合は、こちらの記事の「⑤ウエストの切り替え部分とゴムを通す」をご参照ください。

プリーツ&ギャザーのアシンメトリースカートの作り方と型紙