リボン袖トップスの作り方と型紙

胸元がスラッシュ開きのトップスを作りました。トレンド感ありレトロ感ありの胸元のデザインは、見た目は襟ぐりが開きすぎないけど着やすいので、好きな形です。しかもわりと作るのが簡単なのです。
袖にもなにかエッセンスが欲しかったので、甘くないリボンのデザインをあしらってみました。

着用イメージ

コーディネートイメージ
フレアースカートと合わせたコーディネートイメージです。

フレアースカートの作り方
ウエストにベルトをしたほうがスタイルよく見えそうです。では、作り方をご説明しますね。

用意するもの

  • お好きな生地<Mサイズ>110cm幅 約1.8m
  • 接着芯
OHARICOストアへ

リボン袖トップス A3 PDF型紙

A3用紙7~9枚に印刷できます。
  バスト 着丈 袖丈
S 80~86cm 48cm 32.5cm
M 84~90cm 50cm 34cm
L 88~94cm 52cm 35cm

PDFデータはコンビニ等で簡単に印刷できます。

OHARICO型紙の使い方

トップスの縫い方

リボン袖トップスの裁断
生地を地直しし、裁断、印をつけます。見返しは粗く裁断して、接着芯を貼ってからきちんと裁断してください。

アイロン用接着芯の貼り方
生地の端にロックミシン
肩、脇、見返しの外側にロックミシンまたはジグザグミシンをかけて端の始末をします。

肩とリボンのパーツを縫う
身頃の肩同士、見返しの方同士を中表にあわせて端から1.5cmのところを縫います。
袖のリボンになるパーツも縫い合わせておきます。大きいパーツ、小さいパーツそれぞれ中表にあわせて端から1cmのところを縫います。

あっちゃんウインク
各パーツはそれぞれ2つずつありますよ。
身頃と見返しを縫い合わせる
身頃、見返しともに肩の縫い代をアイロンで割ります。身頃と見返しを中表にあわせて、襟回りを待ち針で留めたら、端から1cmのところを一周ぐるりと縫います。

あっちゃん笑顔
矢印がさしている部分からスタートすると縫いやすいよ。

前身頃の中央は、先端に向かって縫い代がほぼゼロになるように縫います。難しかったらちょっとオーバー気味に縫って、後で先端に向かって切り込みをいれてもいいですよ。
カーブの縫い目に切り込みを入れて、表に返します。デザインや生地によっては表からコバステッチをかけてもいいですね。

曲線縫いを綺麗に仕上げるコツ

袖の縫い方
袖山はふんわりギャザーが寄るようになっているので、袖山を挟んで印から印の間を0.5cmくらいの縫い目で粗目ミシンを2本かけます。粗目ミシンをかけるのは、縫い代の1cmの中です。縫い目の始まりも終わりも返し縫いをせずに糸を数センチたらしておきましょう。あとでこの部分を持ってひっぱることで綺麗なギャザーを寄せることができます。
リボンデザインのパーツすべての縫い代をアイロンで割り、外表に返します。縫い目が後ろの中央にくるようにして軽くアイロンで押さえておきます。大きいパーツを横にしたときの端と袖の印から下の部分をあわせ、0.5cmくらいの縫い代で仮留めをします。
このとき、大きいパーツが若干たるむ感じでオッケーです。

脇縫い
身頃を中表に合わせた状態で、脇を縫います。端から1.5cmのところです。
袖も中表で半分に折り、袖下を縫います。こちらも端から1.5cmのところです。袖下を縫ったらその端を2枚一緒にロックミシンかジグザグミシンをかけ、縫い代はアイロンで後ろ側に倒しておきます。

袖を縫い付ける
袖は上の図のように着く予定です。左右間違えないようにしましょう。

あっちゃん笑顔
OHARICOの型紙では、後ろ側にくる袖には2本の印がしてあり、前側は1本の印になってるよ。
袖と見頃を中表にあわせて袖を身頃の中にいれ、待ち針で留めたら1周半端から1cmのところを縫います。
ここで!「1周半」というのは、袖のつく下側にミシンが二重になるように縫うということです。服を着た時に負荷がかかるところですよね。
なので、縫いはじめを後身頃の2本の印のところから始めて、縫い終わりを前見頃の1本の印あたりにすると、下側が二重になって1周半縫えることになります。

左右とも袖がついたら、縫い代をロックミシンかジグザグミシンで始末しておきましょう。
縫い代は袖側にアイロンで倒してください。
このデザインの裾はストレートなので三つ折りにしてミシンをかけるか、ロックミシンで端を始末してまつり縫いをして仕上げてください。

袖口の始末とリボンを作る

袖のデザイン
袖口は細かいところは手縫いで仕上げていっているのですが、残っていた小さいパーツがリボンの中央になります。大きいリボンの中心に縫い止めます。袖口は端にぐるりと一周ロックミシンかジグザグミシンをかけて、ミシンで縫い止めるのですが、リボンの中央のパーツの真下は、現段階では縫わずに開けておきます。

リボンの通し方
リボンの中央部分を横から見た図です。
結び目となるところを囲むようにぐるりと小さいパーツをまわしていき、最後に余った部分を袖口のさきほど開けておいた縫い代に挟み込みます。
リボンの出来上がり
リボンが出来上がった状態です。

リボンの縫い代始末
袖口の縫い代に小さいパーツの先を入れ込んで手縫いでまつります。
左右二本とも袖のリボンができたらできあがりです!
お疲れさまでした。

リボン袖トップスまとめ

コーディネート
リボン袖トップスをフレアースカートと同じ生地で作って、セットアップにしてみました。

フレアースカートの作り方
ベルトをしてウエストマークしたら上品で可愛いですよ♪
スカートも裏なしで作ると、意外と簡単にお出かけ着になるセットアップができあがります。
ぜひぜひトライしてみてくださいね。

広告