七分丈ワイドパンツの縫い方と型紙

洋裁って、「スカートを縫う」なら簡単そうだけれど、「ズボンを縫う」となると一気にハードルが上がる感じがしませんか?
でも、シンプルなパンツだったら思っているより簡単に縫うことができます。そして、達成感もありますよ。

初めてズボンを縫う方に

今回は初めてズボンを縫う方にぴったりの裏地なし、ウエストはゴムベルト、ポケットなしの超シンプルなワイドパンツの作り方をご紹介します。
コットンやフリースの生地で作るとお家でくつろぐときのリラックスパンツにぴったり。パンツを縫うのが初めての方にもおすすめです。もちろん生地を変えてお出かけ着にもなります。
ロックミシンが必要な縫い方を説明していますが、ロックミシンを持っていない方は端の処理ができるジグザグミシンでもOKですよ。
ズボンの縫い方の仕組みがわかるのでぜひ挑戦してみてくださいね。

用意するもの

  • お好きな生地 110cm幅なら約1.5m
  • 幅広ゴムのウエストベルト ウエストの長さより少し短め
  • 【フリーサイズ】シンプルワイドパンツ A3 PDF型紙
    A3用紙9枚に印刷できます。

    PDFデータはコンビニ等で簡単に印刷できます。

OHARICO型紙の使い方

7分丈シンプルワイドパンツの縫い方

地直しをして、生地を中表に半分に折り、型紙どおりに生地を裁断して印をつけます。
ロックミシンをかける
ピンクの線の部分にロックミシンまたはジグザグミシンをかけて端がほつれないように始末をします。

あっちゃん笑顔
前身頃、後身頃はそれぞれ2枚ずつあるよ。

中表に合わせてパンツの足を縫う
前身頃と後身頃を1枚ずつ中表に合わせて、青の線と青の線、赤の線と赤の線が合うように縫います。これが2組できます。
縫い代はアイロンで左右に開いてください。

あっちゃん真顔
割りアイロンというよ。

ズボンの足を中表に合わせる
片方のズボンの足を中表に、もう片方の足は外表にしてさらにその2つを中表に合わせます。文字で書くとややこしいですが、図のように合わせてください。
股ぐりを縫う
2つの股ぐりを合わせて、縫い代1cmで縫います。ここはパンツを履いた時に一番力がかかるところなので、初めに縫った線上を二度縫いしてください。縫い端はロックミシンなどで処理します。

ファストファッションのパンツはこういうところが甘かったりして、簡単にお尻がやぶけたりするんです。服を買う時にもチェックするポイントですね。

あっちゃん笑顔
股ぐりが縫えたら、一気に完成形が見えてくるよ。
リラックスパンツ
パンツを表に返してみるとちゃんとズボンの形になってる!
裾は一周ぐるりとロックミシンまたは三つ折りにして端の処理をし、ミシンで縫います。ミシン目を表に見せたくないときはまつり縫いをしてくださいね。

手縫いの方法いろいろ

サンプルはコットンのニット生地で作りました。とっても着心地がいいですよ。
ウエストはゴムベルトをつけて完成です。
ウエストゴムのつけ方はこちらをご覧ください。

ウエストゴムベルトのつけ方を知っておけばスカートが簡単に作れるよ
  • シンプルワイドパンツ A3 PDF型紙
    A3用紙9枚に印刷できます。

    PDFデータはコンビニ等で簡単に印刷できます。

OHARICO型紙の使い方
広告