マチ付きファスナーポーチの作り方と型紙

マチ付きファスナーポーチの作り方と型紙

何個あっても嬉しいファスナーポーチ。バッグの中の整理や化粧ポーチとして、お友達へのプレゼントにも時間とハギレがあればちょこちょこ作っておくととっても便利です。マチがついていて見た目よりもたくさん入るファスナーポーチの作り方。
今回の型紙は30cmファスナーのポーチ大と20cmファスナーのポーチ小の2種類がセットになっている型紙です。

用意するもの

  • お好きな生地、ファスナー
    【ポーチ(小)】
    30cm×30cmの生地を2種類、20cmファスナー
    【ポーチ(大)】
    42cm×40cmの生地を2種類、30cmファスナー
  • 接着芯
  • 細い両面テープ(あったら便利)
  • ファスナーポーチ A3 PDF型紙


    PDFデータはコンビニ等で簡単に印刷できます。

OHARICO型紙の使い方

①接着心を貼って生地を裁断

型紙を裁断
表地、裏地それぞれの生地全面に接着心を貼ってから、生地を半分に折り、型紙の印の「わ」の部分と合わせて型紙を配置し、裁断します。
アイロン用接着芯の貼り方はこちら

②ファスナーを仮留めする

端をアイロンで折る
ファスナーが付く部分の端を1cm折って、アイロンでプレスします。
ファスナーの折り目

こういうとき、クロバーのスライドゲージが便利です。名前がわからなくて「洋裁用 ノギス」とかで検索してしまいました。
小物づくりにも、スカートやパンツの裾上げにも持っていると便利な道具です。

 

ファスナーに両面テープ

ファスナーに細い両面テープを貼って、先ほど折った端を合わせます。
そう、両面テープです!!これが、美しい仕上がりへの裏技です。おすすめは3mm幅の両面テープ。写真は5mm幅のを使いましたが3mm幅のほうが使い勝手がいいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

手芸用・両面強力接着テープ(3mm幅)
価格:86円(税込、送料別) (2016/10/17時点)

 

ですが、そんなに使わないしわざわざ両面テープ買いたくない・・・。という方には待ち針でも大丈夫です。
縫い目の仮留めに両面テープを使うと、縫いずれがしにくいので厚みのある生地や、細かい部分などに使うと便利ですよ。デメリットはミシン針に接着剤がついてしまうことでしょうか。万能オイルを用意しておいていらない布地にちょこっと垂らして、針が汚れたらすぐふき取るようにしています。

ファスナーを仮留め
で、反対側の端もファスナーに仮留めします。ファスナーの務歯(ムシ)が見えている幅が1cmになるように配置してください。

③ファスナーを縫う

さあ、いよいよファスナーを縫います。ファスナー部分ってポーチの顔にもなるのでここをきれいに縫いましょう。むしろここさえ上手にできていれば裁縫上手に見えます。

端ミシン
ファスナーを開いて、端から2~3mmのところを縫います。

目打ちでファスナーを下げる
まっすぐ縫っていくと、ファスナーの金具に出くわします。そこで、目打ちを使ってファスナーをミシンの抑え金の向こう側へ押しやります。必ずミシン針が生地に刺さっている状態でミシン抑えを上げ、その下をファスナーのスライダーが通るようにします。
左手で写真を撮ったのでブレブレでごめんなさい。
ファスナーのスライド金具に穴が開いているのってこのためなんでしょうか?よくできてるなって思います。

ファスナーを付ける
片側を最後まで縫えたら、反対側は少しファスナーが閉まった状態から縫いはじめ、またスライダーに出くわしたらミシン針を刺したままミシン抑えを上げ、目打ちでスライダーを移動させて縫います。

ポーチにファスナーを付ける
ファスナーが付きました。

④マチ付きファスナーポーチを形作る

ポーチを裏返す
ファスナーが付いた本体を中表になるようにして裏返します。

角を縫う
ファスナーのエンド部分とその反対側になる部分の端を合わせて、端から1cmのところを縫います。

ポーチの脇を縫う
左右とも同じように縫ってください。

ポーチの脇を仮留め
今縫った縫い代が下を向くようにして、写真のように端同士をあわせて待ち針で留めます。端から0.5cmのところを縫います。全部で4辺になります。
表に返すとポーチの表地の出来上がり。

⑤ポーチの裏地を縫う

ファスナーをつける部分以外はほぼ同じ縫い方なのですが、すべての縫い代を表地よりも0.2cm多く縫います
表地と裏地の折る量に2ミリ差をつけたのは、内側にくる裏地を表地と全く同じ大きさでつくるとどうしても出来上がりがたるんでしまうんです。そこで、縫う時に裏地の縫い代を若干多めに縫っておくと内側にくる裏地が小さく仕上がり、2つをあわせたときの出来上がりがきれいになります。生地が分厚い場合はもう少し多めに差をつけたりしますよ。

内側のポーチを作る
ファスナー開きの部分はファスナーをつけず、端を1.2cmアイロンで折っておきます。

角縫い
ファスナーエンド部分も縫い代は1.2cmです。

ポーチの裏地
4辺の端の縫い代は0.7cmですね。

表地と裏地を合体
写真のように、外表にした表地のなかに中表にした裏地をいれます。言葉で言うとこんがらがりますね。要するに出来上がりの見た目になるようにポーチ同士を合わせるわけです。

待ち針で留める
裏地が外側にくるようにひっくり返して、裏地の端を表地の口部分に待ち針で留めます。ファスナーの縫い目をうまく隠れるように針を打ってくださいね。

手縫いでまつる
手縫い糸を用意して、針目が表にでないようにまつり縫いします。

20cmマチ付きファスナーポーチ
最後まで縫えたら、表に返して出来上がり!

⑥ファスナーポーチの作り方まとめ

マチがしっかりあるので、見た目よりも収納力バツグンのポーチです。小物の整理にも持ち歩きにもいくつもあっても嬉しいですよね。

ファスナーポーチ型紙セット

ちょっと旅行に行くときの大き目の化粧ポーチとしても使えるように30cmファスナーでつくるポーチの型紙もご用意しました。
こちらは、水にぬれても大丈夫なナイロン生地で厚みのあるしっかりしたものを使ったので接着心は貼っていません。ファスナーの持ち手にフリンジをつけてみました。

ポーチの出来上がりサイズ表

サイズ 幅(W) 高さ(H) 奥行(D) ファスナー
ポーチ小 13 8.5 5 20cm
ポーチ大 18.5 12 7 30cm

 

ファスナーポーチ A3 PDF型紙


PDFデータはコンビニ等で簡単に印刷できます。

OHARICO型紙の使い方