見返し付きノースリーブの縫い方と型紙

見返し付きノースリーブの縫い方と型紙

ノースリーブのトップスの基本的な縫い方です。襟ぐり、袖ぐりの処理にはパイピングをする方法もありますが今回説明するのは見返しのついているノースリーブの縫い方です。
単純に身頃と見返しを中表に縫ってひっくり返すだけでは、あれ?肩がつながらない・・・なんてことになってしまうのでちょっぴり頭がこんがらがりますがまずはシンプルなノースリーブを作ってみましょう。 見返し仕立てノースリーブ 上の図は3Dで作ったのですが、見返しの部分を濃い赤にしています。この見返しで襟ぐりと袖ぐりの始末を一度にカバーします。

用意するもの

  • お好きな生地 
    110cm幅なら約2m

  • 接着芯(見返し分)
  • 前スリットノースリーブトップスA3 PDF型紙 500円(税込)

    A3用紙6枚に印刷できます。

      バスト 前丈 後丈
    7号 91 41 55

    9号 94 41 55

    11号 97 41 55

    13号 99 41 55

    15号 103 41 55

    PDFデータはコンビニ等で簡単に印刷できます。

レディース服サイズ表

OHARICO型紙の使い方

裁断をする

裁断をする まずは生地を裁断します。
見返しは芯を先に生地に貼ってからカットしてください。

アイロン用接着芯の貼り方

端の始末をする ロックミシンまたはジグザグミシンでピンク色の線の部分の端の始末をします。
肩の縫い代、脇の縫い代はアイロンで割って仕立てる予定です。

肩を縫う

肩を縫って割アイロン 見返しを中表に合わせて、肩を縫います。縫い代はアイロンをかけて開いておきます。
身頃も同様に肩を縫って割りアイロンをします。

襟ぐりを縫う

襟ぐりを縫う 身頃と見返しを中表に合わせて襟ぐりを待ち針で留め、ぐるりと縫います。 襟ぐりスリットの縫い方 スリットのはいるデザインになっている場合は、スリットの部分の縫い目を細かくして縫い、縫い代の余計な部分をカットしておくとあとでひっくり返したときに綺麗に仕上がります。
襟ぐりのカーブになっている部分は縫い目ギリギリまで切り込みを入れておきます。縫い目の2mmほど手前まで切るかんじです。

アイロンで襟ぐりの縫い代を外側に倒して型をつけます。このとき縫い目が1mmくらいみえるようにしておくと、あとでひっくりかえしたときに縫い目が1mm控えられて綺麗に仕上がります。

曲線縫いを綺麗に仕上げるコツ

襟ぐりの始末 表に返して、アイロンで整えます。縫い目が表に出ないように1mmほど縫い目を控えるようにアイロンをかけるのが綺麗に仕上がるコツです。
端から2mmくらいのところをぐるりと1周ステッチをかけます。

袖ぐりを縫う

袖ぐりの始末 襟ぐりの始末ができたら、見返しが上になるように置いてください。どちらの端からはじめてもいいのですが、左の袖ぐりを縫うことにします。

見返しの左側をぺらりと手前側にめくり、そのまま右の袖ぐりのほうにもっていきます。
残った身頃の左側を向こう側へめくり、右の袖ぐりを超えたところで出会うようにします。左の袖ぐりを、右側の袖ぐりの見返しと身頃でくるむ感じです。 袖ぐりを縫い合わせる それぞれ対応する場所に待ち針を留め、端から1cmのところを縫い合わせます。
袖ぐりのカーブには切り込みを入れます。 生地を裏返す 見返しの下側から手を入れると、肩を通って反対側の見頃を掴めるようになっているので、ここから手を通してひっくり返します。 袖繰りを整える 袖ぐりをアイロンで整えます。右側の袖ぐりも同じやり方で縫ってください。

脇を縫う

脇を縫う 左右それぞれ、脇を合わせます。見返しから身頃まで端から1.5cmのところを一気にミシンで縫います。
角はミシン針を刺したまま一度抑えを上げ、生地を回転させると綺麗に縫えますよ。
縫い代はアイロンで割っておきましょう。
生地にもよりますが、着る時に見返しがずれてめくれあがったりする場合は、身頃の縫い代と見返しの縫い代を手縫いで少し縫い留めておくといいですよ。

裾を縫う

いよいよ最後の仕上げ、裾を縫います。 裾を縫う 三つ折りにしてミシンをかけるか、端をロックやジグザグミシンで始末して、二つ折りにしてミシンをかけてください。

ノースリーブトップスの完成

3Dモデル
フレアースカートとコーディネートしてみました。

フレアースカートの作り方

ノースリーブモデル
無地もいいですが、エスニックな柄物で作っても良さそう。

トップス横姿
横から見ると、後ろと前の長さに差をつけているのでメリハリがあります。足が長く見えるバランスだしおなか周りが気になる方にも安心。
裾のラインはまっすぐがいいという方は型紙を前後同じ長さに定規でぱっつんと線をひいて補正してくださいね。

ノースリーブ後ろ姿
1枚で着ることを想定しているので、脇は開きすぎないように製図しています。
ぜひいろんな生地で楽しんでみてください。