二部式帯の結び方

二部式帯の結び方

二部式帯ってご存知ですか?
帯を切るというと抵抗がある人が多いかもしれないですけれど、なかなか1本の長い帯を結ぶのって着付け教室に通ったことがある人でも大変です。私は着付け教室に通ったことはないのですが、着物を普段着なれている人に教えてもらったのが二部式帯。そのおかげで着物を気軽に着れるようになりました。

二部式帯とは

二部式帯とは、帯を胴に巻く部分とお太鼓にする部分に分けたものです。
二部式帯の胴部分
胴に巻く部分には紐を付けた加工をしています。

二部式帯を結ぶには、専用の帯枕が必要です。


1,728円(送料別)

二部式帯はミンネで販売していきます。
OHARICOミンネはこちらから

二部式帯のメリット

二部式帯のいいところは、なんといってもお太鼓結びが簡単にできます。それに、柄の位置の調整がしやすいです。
胴の前にくる柄とお太鼓にくる柄を合わせるのが1本の帯だとなかなか難しいけれど、胴体に巻く部分と、お太鼓部分が分かれているので胴の柄を真正面にもってこようかとか左右どちらかにずらそうかとかそういった調整がしやすいです。だから、太っている人や痩せすぎている人で柄出しがうまくできないとお悩みの方にも、巻き始めの位置を調整すれば、どんな体系の人でも胴部分の柄の見せ方を調整しやすいです。

長時間着ていても気崩れがしにくいとか、おなか一杯になって胴の部分をちょっとゆるめたいというときにもお太鼓を崩さずに調節できます。
切ってない帯と違って、結び目をぎゅっと結ばないから帯が痛みにくく、長い間綺麗な状態で使えます。

二部式帯の結び方

帯の巻き始め

帯の巻きはじめ
帯の端に紐がついているほうを背中の中心にあてます。左手で紐をもち、右手で帯の下側をもって巻いていきます。
帯は下側を締め、上側は隙間があくように巻いていくのが綺麗に着付けるコツです。
帯の下側を持って、下側を締めながら巻いてください。
基本的には、背中の中心に胴部分の端がくるように巻き始めます。少し太めの人は左側へ、細めの人は右側へ巻きはじめのの位置をずらして調整してください。

胴の紐を結ぶ

胴の紐を結ぶ
紐が背中の中心あたりで終わるように巻き終わります。
帯が重なる部分を少し上下にずらすことで粋な着こなしになりますよ。 紐を前でしっかり結んだら、帯の中に入れ込んで隠します。

帯枕をセットする

帯枕
二部式帯専用の帯枕を用意します。

図のように帯枕に帯揚げをかぶせるのですが、左右の長さはどちらかを短くしておいてください。
お太鼓になる帯のたれ先と反対側を枕の上にかぶせ、帯の端をクリップの奥までしっかり挟みこみます。

お太鼓を背負う

お太鼓を背負う
帯枕に帯揚げをセットしたお太鼓部分を背負い、胴に巻いた帯に帯枕の突起している部分をひっかけます。帯枕の紐を前でしっかり結びます。紐の結び目は、帯の中に入れ込んで隠します。
※このとき帯揚げはまだ後ろに垂れている状態です。

お太鼓の上のラインに丸みをつける

お太鼓に丸みを付ける
お太鼓の形はお好みがあると思いますが、丸みのある優しいお太鼓は女性らしく、上品で素敵です。着物を着こなしている感じがしますよね。
角張ったお太鼓にならないように、枕にかけたお太鼓の端を少し下へ引っ張って、角に丸みをだします。

帯揚げを仮り結びする

帯揚げの結び方
帯揚げで帯の端を包み込み、三つ折にしながら体の前にもっていきます。この時点では、とりあえず仮り結びで簡単に結んでおき、前の帯に入れ込んでよけておきます。

お太鼓を形作る

お太鼓の大きさ
「たれ」の長さの目安は、は人差し指の長さです。たれの長さを後ろ手に測りながら、お太鼓の大きさやバランスをみて形づくります。
形ができたら、左手を図のようにお太鼓の中にいれて押さえます。

手先を入れてお太鼓の形を整える

帯を形作る
お太鼓が崩れてしまわないように左手でしっかりお太鼓を押さえたまま、右手で前によけておいた手先を持ち、お太鼓の中に滑らせるように入れます。お太鼓の中で左手と右手が出会ったら、左手を引き抜きます。
手先をお太鼓から2センチほど出し、反対側で帯の長さが余った場合は内側に折りこんで隠します。 手先の端とお太鼓の端をぴったりと合わせます。

帯締めを結ぶ

帯締めの結び方
手先の外側に帯締めを通し、左右の長さを同じにして、体に近いところでしっかり持ち、帯締めを結びます。

帯揚げを結ぶ

帯締めを結ぶ
仮結びしておいた帯揚げをほどき、帯揚げの三つ折を整えたら短いほうを上にして帯揚げを結びます。

帯締め、帯揚げの詳しい結び方は省略しますが、二部式帯の結び方完成です。