プロっぽく見える!マグネットホックのつけ方

プロっぽく見える!マグネットホックのつけ方

財布や小物などを手作りするときに、手作りっぽく見える作品と、手作りっぽく見えない作品の差ってどんなところでしょう?
もちろん手作りの温かみを演出したい作品もあるし、「既製品ぽく見える」「自分で作ったように見えない」っていうのが必ずしも作りたいモノ、欲しいモノとも限りません。

だけど、ほんとは手作り感をだしたくないのに、なんでか手作り感満載になっちゃう?!

・・・とお悩みの方には簡単なのにプロっぽく見えるパーツを使うのをオススメします。

今回はマグネットホックのつけ方です。革小物だけでなく布バッグなどにも使えるのでやってみてくださいね。布のトートバッグの口に、マグネットホックがついているのとついていないのでは安心感もちがうし、出来上がりも気が利いてる感じがしますよね。

用意するもの

    • マグネットホック

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マグネットホック(薄型)銀
価格:194円(税込、送料別) (2016/10/26時点)

 

いろんな大きさや厚みのマグネットホックがあります。
私が一番よく使うのはこの薄型マグネットホックです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マグネットホック(ハート)銀
価格:205円(税込、送料別) (2016/10/26時点)

ハートのマグネットホックもあるんだ!可愛いので今度何かに使おう。

①マグネットホックのつけ方

ホックの位置決め
まずは、マグネットホックをつけたい位置を決めます。ここ!という場所がきまったらなんとなくでもいいから型がつくようにぐぐっと押さえます。

カッターで切り込み
ホックの足が通る場所にカッターナイフで切り込みを入れます。
「足」って呼んだらいいのか「爪」読んだらいいのかわかりませんが、とりあえず「足」って呼んでみます。
切り込みの幅を広くしすぎるとグズグズしてしまうので、通すときにちょっぴりきついぐらいの幅の切り込みがちょうどいいです。

ホックを通す
そして、マグネットホックの足を通します。

ワッシャーを通す
付属の座金(ワッシャー)をはめます。

マグネットホックを固定する
ペンチなどで足を折ってホックを固定します。
やっぱり「爪」って呼ぶべきだったかな?
ホックにはメス側とオス側がありますが、どちらも同じようにつけることができます。

②マグネットホックをつけるのにあると便利な道具

先ほど、「ペンチ」といいましたがハンドメイドの小物づくりで何かと役に立つ、ケイバ(KEIBA) のヤットコっていうのがあります。
細かい部分で力を加えたいときとか、力強い指先代わりになるのでとってもオススメです。手にもフィットしやすいので頼りになる指先って感じです。
ついついこのへんの道具を100均で済まそうとしてしまいがちだけど、洋裁でもビーズでもDIYでも結構使えるのでとっても便利ですよ。
そして、ヤットコって呼び方がなんかプロっぽい(^-^*)


ケイバ(KEIBA) マイクロヤットコ 平口タイプ MY-646