見返しに挟み込むループボタンの作り方

見返しに挟み込むループボタンの作り方

ボタンを留めるためのループを作る

足つきボタンをひっかけるひも状のものをループと呼んでいます。作り方はいろいろあるのですが、王道は「ループ返し(ループターナー)」を使う方法です。結構洋裁マニアの方でないと持ってない道具だと思いますので、ここではループ返しを使わない方法をご説明します。
ループ返しって何?というとこんな道具です。

このループ返しがあると細い紐でも楽々ひっくり返せるので、地味だけどあると便利な道具。

アイロンで細い紐を作る方法

ループ返しを持っていないけれど共布でループを作りたいという場合は、布を細く折って表からミシンをかける法をおすすめします。
細い布を折る
まずはアイロンで半分に折り、いったん開いて真ん中の線に向かって内側に折ります。アイロンを使ってしっかりと型をつけるのが綺麗に作るコツ。

ループ紐
さらに半分に折ります。

端ミシン
端0.1~0.2cmほどにミシンをかけます。細かい作業なのでちょっと大変ですが、全部が表にでるわけではないので真ん中へんが綺麗に縫えてればいいかなと、実際に使う長さよりも長めに作ります。(O型的思考)

ループを仮留め
しつけ糸を用意しておいて、図のように3cmくらいのところでクロスさせたら1~2針縫って、玉止めをしてとめておきます。
これでループの出来上がり。

ループ返しはもってないけど、この方法はめんどくさい!という方は、似たような色の紐などを使うというのもアリかとおもいます。。。

身頃にループを仮留めする

ループをつける位置
身頃にループをつける位置の印をつけて、さきほど作っておいたループを身頃に仮留めします。

身頃の上端1.3cm、左端1cmのところに印をつけます。そこから1.5cmほどループが飛び出す形に配置して、しつけ糸で2~3針縫って仮留めしておきます。

ループをカット
身頃からはみ出たループ部分はカットします。

身頃と見返しでループを挟んで縫う

肩を縫い合わせる
身頃、見返しそれぞれの肩を縫い合わせたら、アイロンで縫い代を開きます。

身頃と見返しを縫い合わせる
身頃と見返しを中表にしてポイントを合わせて待ち針を打ち、図のように縫い合わせます。
すでに身頃にループが仮留めされているので挟み込んで縫うことになります。

首周りから後ろ開きまでをぐるりと縫い合わせたらカーブになっているところに切り込みをいれて、表に返します。アイロンで整えて、首周りにコバステッチをかけましょう。詳細なやり方はこちらをご覧ください。

曲線縫いを綺麗に仕上げるコツ

ドロップ後ろ開き
ループをまっすぐ伸ばした位置に足つきボタンをつけて出来上がりです。