あると嬉しいバッグの内ポケットの作り方

バッグには内ポケットがあると便利ですね。作るときにひとてまかかるけど使い勝手を考えるとつけておきたい内ポケット。
ポケットの種類にもいろいろありますが、ここではファスナータイプの内ポケットをご紹介します。バッグの裏地を組み立ててしまう前に内ポケットをつけておきましょう。


あっちゃんウインク
お好みでのポケットをつけられるのもハンドメイドのいいところ。

ポケットの大きさと位置を決める

バッグの内ポケットは鍵をいれたり、バッグの中で埋もれて失くしてしまっては困る小さなものを入れておいたりと、地味に活躍してくれます。
どんな内ポケットがついてたら嬉しいかは人それぞれだと思いますので、この内ポケットの作り方を参考にしてお好きなポケットのサイズで作ってみてくださいね。きっと使い勝手のいいバッグになりますよ。
中表に合わせる
ファスナーのサイズやバッグの大きさ、使う人の手の大きさによってポケットのサイズは変わってきますが、作りたいポケットの大きさの生地を2枚カットしておきます。
バッグの裏地とポケットの生地1枚を中表に合わせて配置します。位置が決まったらマチ針で留めておいてくださいね。
ポケットを付ける位置は通常、中央寄せ、上から5~8cmくらいの位置だと思います。お好みの位置にポケットがつくように配置してくださいね。

内ポケットのしるしつけ
ファスナー開口部にあたるところに図のように印をつけます。普通のチャコでもいいですが、粉で汚れてしまうのがいやなので私はこのチャコエースを愛用しています。紫とピンク。筆先が細くしっかり描けるのに気が付いたら消えてる!っていうスグレモノ。

created by Rinker
¥345(2019/03/23 08:07:21時点 楽天市場調べ-詳細)

1枚目の生地を縫い付ける

開口部を縫う
先ほどつけた印通りにミシンでぐるりと四角を縫います。

あっちゃん真顔
始めと終わりは必ず返し縫いをしてね。


切り込みをいれる
内ポケットに切り込みをいれる
縫った四角の内側に切り込みを入れます。縫い目を切ってしまわないように、でもギリギリまでカットするほうが仕上がりが綺麗です。

あっちゃん笑顔
2枚一緒にカットするんだよ。


ポケットをひっくり返す
切り込みを入れたところに入れ込むようにポケットを裏側へ返します。

あっちゃん笑顔
ムシャムシャと食べられてるみたい 笑

ポケット裏返し
完食~♪
・・・っていうか全部中にいれこみました。

あっちゃん笑顔
今度は唇みたいだね。

アイロンで整える
ピシッとアイロンで形を整えます。

ファスナーをつける

ファスナーを裏側から見せる
この開口部裏側からファスナーが顔を出す感じで位置決めをしたら待ち針で留めます。

あっちゃん笑顔
ファスナーの色を思いっきり変えて、色で遊んでも可愛いよ。

コバステッチをかける
ファスナー周りの端2㎜ほどのところをミシンをかけます。

内ポケットの裏側
裏返します。裏から見るとこんな感じにファスナーがついています。

もう1枚の生地と縫い合わせる

生地でサンドする
もう1枚カットしておいたポケットの生地でサンドします。この生地を縫い付けることで袋状になりますよ。
生地の表側が下になるようにして配置してください。

内ポケットを縫う
端1cmをのところをぐるりと一周縫ったらできあがりです。

バッグに内ポケットがあるとちょっぴり嬉しいですよね。ひと手間かかりますが、使い勝手のいいバッグを作ってみたい方はぜひ挑戦してみてくださいね。
内ポケット付きバッグ
こんなバッグを作りました。もちろん内ポケットがついています。使用した持ち手はOHARICOストアで半額セール中です。

OHARICOストアへ
合皮のバッグの持ち手2本入り 420円

広告