洋裁のコツ

ドロップ後ろ開き

見返しに挟み込むループボタンの作り方

ボタンを留めるためのループを作る 足つきボタンをひっかけるひも状のものをループと呼んでいます。作り方はいろいろあるのですが、王道は「ループ返し(ループターナー)」を使う方法です。結構洋裁マニアの方でないと持ってない道具だと思いますので、ここ […]

巻きロックのコツ

巻きロックを綺麗に巻くコツ

生地の端を巻いて始末しする巻きロック。綺麗にロックミシンがかかるととってもテンション上がります。 ただの布がハンカチになったり、スカートの裾やフリルの端など使いどころはたくさんあります。 上糸をウーリー糸に変えると目がしっかり詰まって、とて […]

千鳥がけ

手縫いの方法いろいろ

やりはじめるとハマってしまうチクチク針仕事。いろんな手縫いの方法をご紹介します。   なみ縫い 学校でも習った手縫いの基本、並縫いです。 針目は0.5cmらいで、表側の長さ、裏の長さが均等になるようにまっすぐ縫います。 直線を縫う […]

曲線縫いのコツ

曲線縫いを綺麗に仕上げるコツ

襟ぐりや袖ぐりなど洋服のパーツでよくあるカーブ。一見、縫うのが難しく感じるかもしれないですが曲線は縫い方よりも、仕上げ方を丁寧にすればとっても綺麗な曲線が描けるんです。 理屈さえわかれば意外と簡単。曲線縫いで挫折してしまった方もぜひトライし […]

ベンツあき止まりまで縫う

ベンツの縫い方

「ベンツ」という言い方をすると、車を思い浮かべてしまうのですが洋裁用語でいう「ベンツ」というのはスリットに持ち出しがついて重なりがある割れ目です。 タイトスカートの後ろの下の割れ目を思い浮かべてもらうとわかりやすいかと思います。 スリットだ […]

裏地付きスカートのファスナーのつけ方

今回使用するのはコンシールじゃないほうのいわゆる普通のファスナー、フラットニットファスナーです。裏地のついたスカートの脇か後ろにつけるときなどに使います。今回はレディーススカートの後ろ中心にファスナーをつける方法を例に説明します。 &nbs […]

薄型マグネットホック

プロっぽく見える!マグネットホックのつけ方

財布や小物などを手作りするときに、手作りっぽく見える作品と、手作りっぽく見えない作品の差ってどんなところでしょう? もちろん手作りの温かみを演出したい作品もあるし、「既製品ぽく見える」「自分で作ったように見えない」っていうのが必ずしも作りた […]

コンシールファスナーのつけ方

コンシールファスナーを綺麗につける方法

スカートの脇やワンピースの後ろについているファスナー、これをコンシールファスナーといいます。英語のconcealとは「隠す」という意味で、表に出ないファスナーのことをコンシールファスナーと呼びます。 今回は、そのコンシールファスナーのつけ方 […]

コバステッチをかける

あると嬉しいバッグの内ポケットの作り方

バッグなの内ポケットがあると便利ですね。作るときにひとてまかかるけど使い勝手を考えるとつけておきたい内ポケット。 ポケットの種類にもいろいろありますが、ここではファスナータイプの内ポケットをご紹介します。 バッグの裏地を組み立ててしまう前に […]

ロックミシンでギャザーを寄せる方法

ギャザーの寄せ方とコツ

洋服を作っているとギャザーを寄せる時ってけっこうあります。 すごく長い距離のギャザーをよせる場合と、少しだけイセる程度といろいろありますが、少しだけなら手縫いで波縫いしてキューっと寄せれば簡単ギャザーの出来上がりです。 他にも、粗目ミシンを […]

ハトメの表側

ハトメパンチを使ったハトメのつけ方

小物づくりや、バッグづくりなどにハトメを使うと穴がしっかりするし、デザインのエッセンスとしても使えたりちょっとプロっぽくなった気にもなるのでハトメは時々使います。 用意するもの 打ち具を使ってつける方法もありますが、このハトメパンチでつける […]

アイロンでプレスする

アイロン用接着芯の貼り方

接着芯の綺麗な貼り方をご紹介します。 まずは型紙と接着芯を貼られる布を用意します。 接着芯を貼られる布の裏側を上にして、型紙を置きます。 型紙の周囲1cmほどを目安に布をカットします。 地の目を意識するのを忘れないように気をつけてください。 […]

型紙の使い方

OHARICO型紙の使い方

OHARICOで販売している型紙(パターン)の使い方についてご説明します。ダウンロードした型紙はPDF形式になっています。 ①型紙の印刷の仕方 A4またはA3で作っていますので、ご家庭のプリンタまたはコンビニなどでプリントアウトしてください […]