手縫いの方法いろいろ

やりはじめるとハマってしまうチクチク針仕事。ミシンがなくても縫えるいろいろな手縫いの方法をご紹介します。糸が見えない縫い方や、縫い目の糸を一定の形に見せる方法など様々な種類の縫い方があります。

なみ縫い

学校でも習った手縫いの基本、なみ縫いです。
なみ縫い
針目は0.5cmらいで、表側の長さ、裏の長さが均等になるようにまっすぐ縫います。
直線を縫うときはもちろん、手縫いの味を活かしたステッチにしても可愛いですね。針目を大きくしてしつけをしたり、袖山などのイセなどにも使う基本の縫い方です。

しつけ
しつけをするときは、なみ縫いと基本的な縫い方は同じです。針目を多く、すくうところを少なくすることで後でほどきやすいですよ。

本返し縫い・半返し縫い

手縫いでしっかりと縫いたいときには、本返し縫いまたは半返し縫いをします。

本返し縫いの縫い方
返し縫いをスタートしたいところよりほんの少し(1目分)進んだ位置に、裏から針を出します。少し戻った位置(1目分)に表から針を入れます。
本返し縫い針を裏から出す
1目分進んだ位置で、針を裏から表に出します。
針が裏から出てきた位置から1目分戻った位置に表から針を入れます。これを繰り返していくと本返し縫いになります。
返し縫い
半返し縫いは同じ縫い方なのですが、1目分戻らずにその1/2目分戻るように縫います。
ミシンを出すほどでもないけどしっかり縫いたいときや、着物の袖付けなど和裁の時にも使う縫い方です。
ミシンがなくてもしっかり縫えるので、マスターするととっても便利な縫い方です。
できるだけしっかり縫いたいときは本返し縫いに、ふんわりとソフトに縫いたいときは半返し縫いにします。

まつり縫い

まつり縫い
スカートやパンツの裾を処理するときに縫う方法です。①で針を出し、②で針を入れます。ここでできるだけ少し(繊維2本くらい)の生地をすくって、③で針を出し次の①となります。
できるだけ表に針目が出ないように縫うのがまつり縫いのポイントです。
スカートやパンツの裾をミシンで処理すると縫い目がついてしまうため、デザイン的に縫い目を出したくない場合はまつり縫いをします。手間はかかるけれど、仕上がりが綺麗ですよ。

奥まつり縫い

奥まつり
こちらもスカートやパンツの裾などので縫う方法で、糸が見えない縫い方です。生地の端にロックミシンやジグザグミシンをかけて処理した時に二つ折りにした生地と生地の間を糸が通っていくように縫います。
①で生地の間から針を出します。0.2cmほど進行方向で②の針を入れます。③で表生地側に針をさし、できるだけ少し(繊維2本くらい)の生地をすくって④で針を出し、次の①となります。
奥まつりはできるだけ表に針目がでないようにしてくださいね。

はしごまつり縫い

はしごまつり 縫い方
「はしごまつり」は「はしごかがり」や「コの字縫い」という縫い方です。
こちらも糸が見えない縫い方で、バッグの返し口を閉じる時や、リバーシブルの服の仕上げに使う縫い方です。2枚の生地の端は縫い代が折ってあり、縫い代の中と外を交互に通る縫い方で、図のようにコの字の縫い方になります。縫った形がはしごのように見えるので「はしごまつり」「はしごかがり」とも呼ばれています。
①で縫い代の裏側から針を出します。②で反対側の縫い代の裏側に針を入れます。糸は縫い代と生地の間を通って③で針を表に出します。④で反対側の生地の縫い代の裏側に針をいれます。
わかりやすくするために、糸が表に見えるところを赤、縫い代の裏側を通るところを青にしています。

千鳥がけ

千鳥がけ
千鳥ぐけともいいます。スカートやジャケットの裏地を表地に縫い止めるときなどに使います。
①で針を出し、②で針を入れます。進行方向と反対に生地を少しすくって、③で針を出します。折り目をまたいで④で針をいれ、進行方向反対側に少しすくって⑤で針を出します。
⑤が次の①となります。
クロスしたステッチが可愛いです。しょっちゅう縫う方法じゃないので、毎回やり方を忘れてしまい自分で描いた図を見直して思い出しています(笑)

閂止め(かんぬきどめ)

ポケット口や、着物の袖と脇をつなぐ「袖付け」と呼ばれるところなど負荷がかかって破れやすい部分をしっかり留めるのが閂止めです。

あっちゃん笑顔
漢字が難しいけど、かんぬきどめと読みます。

かんぬきどめやり方
①糸の先を玉結びしたら裏側から針を出し、針を出した位置の近くから、少し生地をすくって針の先端を出します。
②針を引き抜かずに、6回ほど糸を巻き付けます。このときしっかりきっちりと巻いてください。

閂止めの方法
③巻き付けたところを親指でしっかり押さえながら針を引き抜きます。
④ぎゅーっと引っ張って最後までしっかり引っ張れたら今度はまっすぐ反対側へ針を戻します。
それに伴って結び目が裏返ります。
生地が分かれている場合はこの結び目が生地をまたがるようになっていればOKです。

閂止めの仕上げ
はじめに針を出したあたりに針を差し込み、裏側で玉止めなどをします。
力がかかると縫い目がほどけてしまう場所に、横に糸を渡してしっかりと固定をさせたい時に使う方法です。


広告