プリーツ&ギャザーのアシンメトリースカートの作り方と型紙

プリーツ&ギャザーのアシンメトリースカートの作り方と型紙

普通のギャザースカートやプリーツスカートではつまらない。せっかく作るんだった売ってないものを作りたいなと思っている人におすすめのプリーツ&ギャザーのハーフスカートの作り方です。 isso ecco生地 isso & eccoの可愛い生地をみつけました。

柄が均一じゃなくて、大きい花柄から小さい花柄へとグラデーションしているのがたまらない。
アシンメトリー好きの心をつかむ柄です。
少し厚手の綿なので、今回は裏地なしでいきます。
サイズはウエストゴムなでフリーサイズですが、ウエスト70cmくらいまでヒップ90cmくらいまでが目安です。
スカートの長さは型紙上ではスカート部分45cm、ウエスト切り替え部分7cmの合計52cmですが、長くしたい場合、短くしたい場合はスカート部分の長さを変えると簡単に調節できます。

用意するもの

  • お好きな生地 110cm幅、長さ100cm

    サンプルは少し厚手のコットンの布帛で作りました。

  • ウエスト切り替え部分のニット生地
    幅50cmならば長さ40cm
    幅100cmならば長さ20cm
  • ウエストゴム 幅2.5cm×自分のウエストの長さくらい
  • カーブ定規
  • プリーツ&ギャザースカート A3 PDF型紙


    PDFデータはコンビニ等で簡単に印刷できます。

OHARICO型紙の使い方

①生地の裁断と印つけ

生地の裁断 生地の地直しをして、生地の長さ方向を半分にカットします。

半分をギャザースカート部分、半分をプリーツスカート部分にするので、柄によってどちらをどちらにするか決めましょう。

プリーツスカートにする方を中表に半分に折り型紙を置いて、プリーツの上下のポイントに印を付けます。
同じ110cm幅の生地でも耳部分を含んでいたり、含んでいなかったり、少し縮んでいたりなどで多少生地の幅がずれていることがあります。型紙は生地が2枚になっている方から合わせていき、「わ」の部分が多少ずれてもかまいません。 端ミシン スカートの長さ方向の端をロックミシンまたはジグザグミシンでほつれないように(2枚とも)処理します。

②プリーツ側の処理

プリーツ 型紙の印を見ながら、プリーツをたたみます。上図のような形になります。 プリーツをたたんでしつける きっちりとたたんだら、スチームアイロンをかけて、しつけ糸でざっくり留めておきます。

プリーツ線をしっかり付けたい場合は、こんなの使うときっちり線がつきますよ。

折り目強力!
強力なので、間違ってプレスすると線がとれにくいので注意してくださいね。

③ギャザー側の処理

ロックミシンでギャザーをよせる ギャザーの寄せ方とコツを参考に、残り半分のウエスト側にギャザーを寄せます。
今回は2本針4本ロックを使う方法でやりました。 スカートのギャザー ギャザーを寄せた後のウエスト部分の長さはプリーツ側のウエスト部分の長さとだいたい同じになるように製図していますが、ギャザーのよせ具合でヒップサイズをある程度調整できるので細目の人も、太目の人も同じ生地の量でつくれます。
※サイズを調整した場合は、ニット生地のウエスト切り替えの横幅も変更してください。

④スカートの接ぎ合せと裾の処理

プリーツ側、ギャザー側のスカートを中表にあわせて端から1cmを縫い合わせます。
縫い代を割り、アイロンで開きます。
裾は一周ぐるりと3本ロックまたはジグザグミシンをかけてほつれ留めをしてから出来上がり線で折ってミシンをかけるか、手縫いでまつります。

⑤ウエストの切り替え部分とゴムを通す

ウエスト切り替え布の裁断 ウエスト切り替え布をニット生地で作ります。パターンを置いて、2枚裁断します。
スカートのベルトの代わりにニット生地で切り替えにすることでとっても着心地が楽になりますよ。 ウエスト切り替え布 裁断した2枚を中表にあわせて縫い代1cmで、片方の端はV字を横にした形で縫います。 ゴム通し部分縫い方 もう片方の端は、ゴムを通す部分約3cmをあけて縫います。すべての縫いはじめと縫い終わりは必ず返し縫いをしてください。 縫い代に切り込み V字を横にしたくびれている部分に縫い目を切ってしまわないようにギリギリのところまで縫い代をカットします。 縫い代を割る 縫い代をアイロンで割ります。ゴム通しの開きを作ったほうも同じようにします。 ウエスト切り替えの角 縫い代を内側にして表に返すのですが、ゴム通し口の開きの部分が内側になるようにしてください。
縫い目がある部分が脇になります。角がとんがっているので、カーブ定規をあててチャコでつながりがいいように線をひき、カットします。
ニット生地は伸縮性があるので、裁断の時点よりここで丸みをつけたほうがズレないので型紙を直線にしています。

ウエストの部分がカクっとなってしまいますが、ゴムを通すと自然に丸みがつくので大丈夫です。 スカート切り替えをつなぐ スカート部分とウエスト部分を中表に合わせ、縫い代を1cmで縫い合わせ、端をロックミシンやジグザグミシンで始末します。

⑥仕上げ

2.5cm幅のウエストゴムは自分(着る人)のウエストに巻いてキュッと締めたくらいの長さでカットします。

スカートの開き部分にゴムを通してはじめと最後の端がでてきたら1cmほど重ね合わせてミシンで2~3往復を2本縫っておきます。
開き部分の縫い代が内側に折れるようになっているのでそのままでもいいですし、気になるようでしたら手縫いで閉じてしまってもいいです。

スカートの裾は4cm内側に折ってまつり縫いまたはミシンで縫います。

⑦プリーツ&ギャザーのハーフスカートまとめ

プリーツ&ギャザースカート アシンメトリーなデザインのスカートです。
接ぎ合わせの部分が、プリーツの奥側に隠れるようになっています。 プリーツスカート こちらからみるとプリーツスカート。 ギャザースカート こちらからみるとギャザースカートです。アシンメトリーなので変化があって面白いデザインですよ☆

  • プリーツ&ギャザーのハーフスカート A3 PDF型紙


    PDFデータはコンビニ等で簡単に印刷できます。

OHARICO型紙の使い方