フリル袖トップスの縫い方と型紙

フリル袖トップスの縫い方と型紙

袖の真ん中がレースの切り替えになっていて、袖の裾がフリルになっているラブリーなトップスの縫い方です。
ドロップ開きの縫い方
後ろは足つきボタンで留めるドロップ開きにしています。
基本的な縫い方はこちら↓と同じですのでご一読ください。袖の部分にデザインがあるので、このページでは主にフリル袖の縫い方の説明をしますね。

後ろ開きトップスの縫い方と型紙


レースの透け感があるので夏でも、生地を変えて真冬以外オールシーズン使えそうなデザインです。

用意するもの

  • お好きな生地 
    110cm幅なら約1.5~1.6m

  • 接着芯(見返し分)、足つきボタン1つ
  • 袖の切り替え用レース80~90cmが2枚
  • フリル袖トップスA3 PDF型紙 500円(税込)

    A3用紙8枚に印刷できます。

      バスト 前丈 後丈 袖丈
    7号 91 39 50 34

    9号 94 39 50 34

    11号 97 39 50 34

    13号 99 39 50 34

    15号 103 39 50 34

    PDFデータはコンビニ等で簡単に印刷できます。

レディース服サイズ表

OHARICO型紙の使い方

①裁断をする

生地を裁断する
生地を地直ししてから、型紙通りに前見頃、後ろ見頃を各1枚、袖を2枚ずつ裁断してきりじつけをします。
袖2はレースを使用する場合は型紙と同じ長さにカットしてください。

見返しは、粗裁ちをして接着芯を貼ってから裁断して切りじつけをします。

アイロン用接着芯の貼り方

ロックミシンをかける
ピンクの線の部分にロックミシンまたはジグザグミシンをかけて端の始末をしておきます。

②フリル袖を縫う

袖の端を折る
袖Aの下側1cmを裏に向かってアイロンで折り曲げます。

袖にレースをつける
袖Bにあたるレースを袖Aの表の下側に待ち針で留め、端から5㎜くらいのところをレースと同じ色の糸でミシンで縫い付けます。

フリル部分の始末
袖Cの袖口にあたる部分を三つ折りにして、アイロンで型をつけておきます。上側は幅を2等分にしたところに待ち針またはきりじつけで印をつけておき、縫い代の部分に5㎜幅の粗ミシンを2本かけておきます。このとき縫いはじめ、縫い終わりとも糸を長めに残しておいて後で引っ張れるようにしておきます。

フリルをつくる
粗ミシンをかけた糸をキューっとひっぱりギャザーを寄せます。袖Aと袖Bの端と端、中心と中心の印を合わせ、ギャザーが均等に寄るように整え待ち針を打ちます。

ギャザーの縫い代
ただし、端から1.5cmは縫い代となるので、端から1.5~2cmあたりはギャザーを寄せずに平らにして合わせておきます。

袖を縫い合わせる
ギャザーを寄せている袖3が上になるようにミシンに置き、ギャザーのバランスを調整しながら縫い付けていきます。

フリル袖完成
フリル袖の完成です。

袖の準備ができたら、あとはこちらの縫い方と同じです。

後ろ開きトップスの縫い方と型紙

3Dも作ってみました。ぐるぐる回してご覧いただけます。