フレアースカートの作り方

フレアースカートの作り方

今回作ったフレアースカートは、2枚はぎでサイドにコンシールファスナー、ウエストは見返し、裏地はなしのスカートです。
簡単フレアースカートというよりは、大人のきちんと感がある仕立て方になっています。
フレアースカートは甘すぎず、辛すぎず、コーディネートの主役にはならないけれどデザイン性のあるトップスや、全体のバランスを整えてくれるので、けっこう使用頻度が高くなりませんか?
無地でも、柄物でもいろんな生地で作ってみたくなりますね。

フレアースカートイメージ
リボン袖のトップスと合わせたコーディネートイメージです。
ドレープが綺麗にでるので、手持ちのトップスと合わせても使いやすいスカートです。

ヒップハング
ウエストは、ヒップハングで履くように、少し大き目で型紙を作っています。履き心地がとっても楽ですよ。

用意するもの

  • お好きな生地
    110cm幅 約1.5m
  • 20cmコンシールファスナー
  • ホック
  • 接着芯
  • フレアースカート A3 PDF型紙

    A3用紙6枚に印刷できます。

      ウエスト スカート丈
    7 76cm

    47.5cm

    9 78.5cm

    47.5cm

    11 81cm

    47.5cm

    13 83cm

    47.5cm

    15 86cm

    47.5cm

    PDFデータはコンビニ等で簡単に印刷できます。

OHARICO型紙の使い方

①フレアースカートの縫い方

フレアースカートの裁断
生地を地直しして、裁断と印つけをします。4つのパーツすべて中心が「わ」になっているので生地を中表にして裁断してください。
見返しは粗裁ちして接着芯を貼ってから裁断します。

アイロン用接着芯の貼り方

フレアースカートの端の始末
スカートの縦方向にあたるところをすべてロックミシンまたはジグザグミシンで始末します。

フレアースカートの脇を縫う
前身頃と後ろ見頃を合わせて脇を縫います。
スカートの右脇と見返しは最後まで縫い切り、スカートの左脇はコンシールファスナーをつけるのでファスナーあき止まりから裾までを縫います。
コンシールファスナーのつけ方はこちらをご参照ください☆

コンシールファスナーを綺麗につける方法

身頃と見返しを合わせる
身頃と見返しを中表に合わせます。
ところで、スカートのウエストが作っているうちにどんどん大きくなってきちゃったことってありませんか?
見返しに接着芯を貼っているので伸びにくくはなるのですが、生地の重みや途中で試着してみたことなどでウエスト周りが気が付いたら大きくなってしまうことがあります。
そうならないためには、ウエストの長さにカットした伸びない薄いテープを一緒に縫い付けるといいですよ。
それと、フレアースカートの前身頃と後ろ見頃はパターンが少し違うのですが作っているうちに間違えそうなので、前身頃に「マ」としつけ糸で描いてみました。
なんでもいいのですが、間違いやすいので目印をつけておいたほうがいいです。

ウエストテープ
じゅうぶんな長さのがなかったので上の写真では厚めのテープになってしまいましたが、ほんとはこういうのです。なんていう名前のテープなんだろう?!わかる人いたらこっそり教えてください。

見返しと身頃を合わせたら、端から1cmを縫います。
ウエスト部分は曲線になっているので切り込みを入れて表にかえし、端から2mmくらいのところにステッチをかけます。
ウエストの始末はこちらをご参照ください。

曲線縫いを綺麗に仕上げるコツ

スカートの裾の始末

ホックをつける
コンシールファスナーの上にホックをつけて出来上がりです。

①フレアースカートのまとめ

透けない生地でつくると裏地をつけなくてもいいので簡単にフレアースカートができます。
裏地をつけたい場合は、型紙に点線を書いているので、見返しより裾側を裏地で作ってください。

流行に左右されず、コーディネートしやすいフレアースカートは何枚でも欲しくなりますよね。
フレアースカート横
柄合わせの必要な生地は、HL(ヒップライン)を目安にして柄合わせをしてください。
この生地だとストライプなので縫い合わせるところでちょうどV字をひっくり返した形になります。
いろいろな生地でフレアースカートを作って楽しんでくださいね。