曲線縫いを綺麗に仕上げるコツ

曲線縫いを綺麗に仕上げるコツ

襟ぐりや袖ぐりなど洋服のパーツでよくあるカーブ。一見、縫うのが難しく感じるかもしれないですが曲線は縫い方よりも、仕上げ方を丁寧にすればとっても綺麗な曲線が描けるんです。
理屈さえわかれば意外と簡単。曲線縫いで挫折してしまった方もぜひトライしてみてくださいね。

襟ぐりのカーブを縫う
トップスの襟ぐりに見返しをつける場合を例に説明します。待ち針で身頃と見返しを合わせていきます。
そして、端から1cmのところを縫っていきます。

まっすぐに縫うことができない人は、まず私が運営している着物リメイクのサイトで直線縫いのコツをご紹介しています。ここの「ミシン直線縫いの裏技」をご覧ください。

何が言いたいかというと、はじめに針先と生地の端の距離が1cmであることを確認して、生地の端を見つめながらその分量が一定になるように保って縫えば綺麗に縫えます。
直線でも曲線でもコツは同じなんですよね。

針先を見つめて縫うと、目線がぐらついてガタガタしてしまいます。

カーブに切り込みを入れる
曲線が縫えたら、ところどころ切り込みをいれていきます。カーブがきついと切り込む数は多めに、ゆるやかだと少なめで大丈夫。直線だと切り込みはいれないですよね。
曲線に縫うと縫い代が引っ張られて足りないので、切ることで広げてあげるといった感じです。
縫い目を切ってしまわないように、縫い目のギリギリ手前までハサミをいれます。

アイロンでキセをかける
アイロンで整えてカーブの丸みをつけます。そう!結局ここがカーブの決め手になるので曲線の縫い目が多少ガタガタでも心配なしです。このアイロンで綺麗にカーブをだせればいいんです。

アイロンでキセをかける
折るときは表側になるほうを上にして置いて、縫い目が1~2mm控えられるようにアイロンをかけます。

見返しをひっくり返す
アイロンができたら見返しを表にひっくり返します。さっきのアイロンで、表側は1~2mm縫い目が控えられた状態で折れていて、裏側は逆向きに折れているのでさらにアイロンで整えます。

曲線縫い
曲線のラインが綺麗に整いました。必要であれば表側から端2mmほどでステッチをかけると落ち着きます。こういうステッチのことをコバステッチとか端ミシンといいます。

カーブの縫い方
これで綺麗な曲線のできあがりです。