コンシールファスナーを綺麗につける方法

スカートの脇やワンピースの後ろについているファスナー、これをコンシールファスナーといいます。英語のconcealとは「隠す」という意味で、表に出ないファスナーのことをコンシールファスナーと呼びます。
今回は、そのコンシールファスナーのつけ方をご説明します。

コンシールファスナーをつける前の下準備

ファスナーをつける前

まずは、生地を中表に合わせます。通常は型紙を裁断したときに、あきどまりの位置に印をつけています。
ファスナーの金具をめいいっぱい上げた時の金具の頂点は、出来上がり線から5mmほど下になります。たいていの場合、その上に小さいホックをファスナーが開かないように縫い付けていますよね。

ファスナーを付ける前

あきどまりより下は返し縫いをしてふつう通りミシンをかけて縫い合わせます。
あきどまりより上が、実際にファスナーがつく位置なのですがここは後でほどくので5mm間隔くらいの粗い目でミシンをかけておきます。

あっちゃんウインク
手縫いでしつけをしてもいいよ。

とりあえずファスナーが閉まった状態を作り出します。

縫い代を割る

縫い代をアイロンで割って開いておきます。

ファスナーを仮留めする

コンシールファスナーをのせる

裏側から見ている状態で、コンシールファスナーを配置します。ファスナーの裏表を間違えないようにしてくださいね。
ファスナーの表側が下になるように置いてね。

マチ針で固定

ファスナーの先っちょが左右に開こうとしてしまうので、まっすぐつけるためにマチ針などで固定するときれいに仕上がりますよ。

ファスナーを仮留め

ファスナーの中心と縫い目の中心を合わせて、ファスナーと縫い代だけをマチ針で留めます。
この時に、定規などの薄いものを挟むとやりやすいのですが、表地まで一緒にすくわないようにしてくださいね。

あっちゃん真顔
ファスナーと縫い代だけを留めてね。
片側を仮留め

片側の縫い代をあきどまりの少し下くらいまで留めます。

コンシールファスナーを固定

反対側も同じようにマチ針で留めます。

しつけをかける

仕付け糸でしつけします。

あっちゃん笑顔
面倒でもしつけしたほうが断然きれいに仕上がるよ。
糸をほどく

初めに縫った粗目ミシンをほどきます。

表に返す

表に返してみると、こんな風になっています。
綺麗にファスナーがつく予感がこの時点で沸いてこなければ何かがずれてるかも。ファスナーが斜めに仮留めされてるのかもしれないです。そんなときはやり直したほうがいいみたい。綺麗のコツは「急がばまわれ」だなと洋裁のときは特に思いますね。

あっちゃんウインク
丁寧にやったほうが結局早くできるよね。
スライダーを下す

ファスナーのスライダーを下ろしていき、さらにあきどまりの下まで引き下げましょう。
このファスナーのスライダーの形、こうしてみると先っぽが細くなっていてあきどまりの下をくぐらせやすい形状になっています。よくできてるな~。

あっちゃん真顔
ファスナーの形を考えた人、かしこいな~。
ファスナーの務歯をおこす

アイロンで、ファスナーの務歯(ムシ)をおこします。丸まっているのでまっすぐするというイメージです。アイロンは中温くらいで。あまり温度が高いと溶けてしまうので注意です。

ファスナーを縫う

いよいよ、コンシールファスナーをミシンで縫い付ける作業です。その前に、押さえをコンシールファスナー専用のものにとりかえましょう。コンシールっファスナー専用押さえ金

送料はともかく、や、安いです。
ミシンのメーカーによって取り付けられない場合もあるので確認してから買ってくださいね。

このミシン押さえがあると、務歯のきわきわまで縫えるんです。

あっちゃん笑顔
めっちゃ頻繁に使うわけでもないけど、とっても重宝するスグレモノ。
コンシールファスナー専用押さえ金

ファスナーの際と、押さえ金の(押さえプラスティック?)の溝を合わせてまっすぐ縫うだけでファスナーのぎりぎりのところを縫うことができます。

目打ちで務歯を広げる

務歯は元の形に丸まろうとしがちなので、目打ちなどで広げながらあきどまりまで縫ってくださいね。

スライダーを戻す

あきどまりより下まで下げておいたスライダーをあきどまりより上に戻します。スライダーの先っぽのとんがりが効いてますね。
ちゃんとスライドするか、いったん確認しておきましょう。

仕上げる

縫い代に留める

縫い代と、ファスナーの端を縫いとめてから、仕付け糸を抜き去ります。

金具をつぶす

ファスナーの一番下についている留め具、これは手で簡単にスライドできてしまうんです。
あきどまりより5ミリほど上までスライドさせて、ペンチなどで左右からギュッと握って固定しましょう。

これで、コンシールファスナーが付きました。

実践!見返しのあるコンシールファスナーの付け方

では、もう少し実践的に掘り下げて見返しがある場合のコンシールファスナーの付け方を説明します。
スカートやパンツのウエストや、ワンピースやトップスの後ろ身頃の襟ぐりから下、脇など見返しのある部分からコンシールファスナーがついている場合が多いです。
襟ぐりに見返しがついていて、後ろにコンシールファスナーをつけるトップスを例に解説していきます。

コンシールファスナーをつける

粗目ミシンをかける
あきどまりから下は普通のミシン目で縫い、あきどまりから上のファスナーがつくところは、粗目ミシンをかけておきます。
コンシールファスナーを固定
出来上がり線よりも5㎜ほど下にコンシールファスナーをめいいっぱい閉めたときの頭がくるように付ける位置を決め、待ち針で固定します。
ファスナーを仕付ける
仕付け糸でコンシールファスナーを留めていきます。この時に、ファスナーの先の余った部分が左右に開くように仕付け糸で留めてよけておいてください。
粗目ミシンをほどきます。粗目ミシンをほどくことでファスナーが開くようになります。
ファスナーの務歯を起こす
アイロンでコンシールファスナーの務歯を起こします。

コンシールファスナーを縫う
コンシールファスナー押さえに付け替えて、ファスナーを縫い付けます。

見返しの処理

ファスナーの先をたたむファスナーの先は、写真のようにたたんで折り曲げます。まっすぐに戻ろうとするのですが折り曲がった状態で、縫い代とファスナーの端をミシンで縫い留めます。縫い終わったら仕付け糸を外してください。

見返しの収まり方
写真のような感じで見返しがファスナーの脇を隠すように収まる予定です。
見返しの縫い代
見返しの縫い代と身頃の縫い代を合わせて縫いたいのですが、矢印で示した縫い代同士を指で一緒に挟んでくるっと表に返すと、
内側縫い
こんな風になります。指を押さえたままの状態で待ち針を打つのが理想的ですが、端をぴったりと合わせると余分な生地がだぶつくので、見返し側の縫い代が5㎜ほど飛び出す感じで待ち針を打つと仕上がりが綺麗ですよ。
(生地の厚さにもよるので、必ずしも5㎜というわけではありません。)
縫い代を縫い合わせる
縫い代同士を縫い合わせていきます。
見返しを表に返す
見返しを表に返して、アイロンで整えます。

仕上げる

ストッパーを締める
あきどまりより5㎜ほど上までストッパーをスライドさせ、ペンチなどで硬く締めます。
コンシールファスナーを切る
ストッパーをきっちりと締めていれば、コンシールファスナーが長すぎる場合には余分なところをカットしてしまっても大丈夫です。
コンシールファスナーをつけた後ろ身頃
後ろ身頃にコンシールファスナーがついた状態です。コンシール=隠すという意味通り、ほんとに隠れちゃってどこにファスナーがついているかわかりづらいですが、よーく見てもらうとお分かりいただけるかと思います。

あっちゃん笑顔
コンシールファスナーの付け方をマスターすれば、スカートやパンツなどいろいろなものが作れるよ。

コンシールファスナーはYKKさんがオススメ☆

広告