アシンメトリーポインテッド蝶ネクタイのつくり方と型紙

蝶ネクタイを手作りしてみませんか?スーツ姿を個性的でお洒落に演出する蝶ネクタイはひそかなブーム。手作りの蝶ネクタイは男性へのプレゼントにもぴったりです。

作り結び式の蝶ネクタイ

剣先がダイヤモンドのような形になった、ポインテッド蝶ネクタイ。パーティー用として使われることが多い形なのですが、とっても遊び心のあるデザインです。
片側のリボンの色を変えて、アシンメトリー(左右非対称)にした蝶ネクタイは、フォーマルになりすぎず個性的でオシャレですよ。
こちらは着物の生地でリメイクしてみました。

蝶ネクタイには、手結び式とあらかじめ結んである作り結び式の2種類があります。こちらの蝶ネクタイは作り結び式になっています。
アジャスターで長さが調整できて首の後ろでひっかける金具を使うタイプで、一度綺麗に結んだリボンの形を崩さずにフックで取り外しが可能です。

用意するもの

  • お好きな生地2種類
    コットンやシルクなど薄手の生地が作りやすいです。
  • 接着芯
    なるべく薄いものをご用意してください。パリッと仕上げたい場合、ふわっと仕上げたい場合で使う芯も変わってきます。
OHARICOストアへ

蝶ネクタイ用金具18mm

カラー セット数  
1
10
シルバー 1
シルバー 10
OHARICOストアへ

アシンメトリーポインテッド蝶ネクタイA3 PDF型紙



PDFデータはコンビニ等で簡単に印刷できます。
OHARICO型紙の使い方

接着芯を貼って裁断する

アイロン用接着芯の貼り方を参考に、接着芯を貼って裁断をします。

アイロン用接着芯の貼り方
裏に芯を貼って裁断したパーツがこちらです。パーツは各2枚ずつできます。
蝶ネクタイの裁断

「縫い合わせて縫い代をカットする」「蝶ネクタイを裏返す」の手順は、2WAY式ポインテッド蝶ネクタイのつくり方と同じですので、こちらをご参照ください。

2WAY式ポインテッド蝶ネクタイのつくり方と型紙

色違いリボンを作る

リボンを縫う場所
一番小さいパーツを中表に縫い合わせます。縫う場所は赤線のところです。
リボンのパーツ
縫ってひっくり返したのがこちらになります。左右とも開いているのでどちらかからひっくり返して、アイロンで整えます。

リボンをたたむ
それを半分にたたんで、端から5mmくらいのところを縫い合わせます。
縫った端はあとで隠れるのでそのままでもいいですが、ジグザグミシンやロックミシンを持っている人は端をあわせてミシン処理をしておくとほつれなくて扱いやすいです。

長い方のリボンに乗せる
長い方のリボンの先に、今作ったパーツを乗せて、赤線の部分を縫い止めます。

短い方のリボンに乗せる
長い方のリボンの、端を反対側に持っていくと、バタフライの形が見えてきましたね。
その状態で長い方のリボンパーツ全体を、短い方のリボンの上に乗せます。

真ん中を縫う
赤線の部分を縫い止めます。パーツがひとつに合体したので蝶ネクタイらしくなってきました。

蝶ネクタイのリボンを結ぶ

蝶ネクタイを裏返す
蝶ネクタイを裏側に向けて、短い方のひもを反対側へ持っていきます。
蝶ネクタイを結ぶ
長い方のひもを垂直に向けて、
蝶ネクタイリボン
前側を通ってくるっと巻き付けます。

蝶ネクタイを縛る
二つの紐の間にできた輪に長い方の紐を通して、
蝶ネクタイを整える
ギュっと結びます。
蝶ネクタイの付け外しはフックでするので一度綺麗に結んでしまえば、この結び目は解くことはないと思いますが、心配な方は手縫いでちょこっと縫い付けておいてもいいかもしれませんね。
蝶ネクタイリボンの出来上がり
表に返すと綺麗なリボン結びになっています。
このあと、金具をつけて仕上げていきますが、蝶ネクタイの金具のつけ方はこちらをご覧ください。

蝶ネクタイの金具のつけ方
OHARICO型紙の使い方

お客様の作品

お客様の作品
アシンメトリーポインテッド蝶ネクタイのつくり方を見て、作ってくださった方の作品です。
外国人の旦那様に作ってあげた和柄の蝶ネクタイ。それぞれは古典的な着物の生地ですが、組み合わせるとモダンで個性的な雰囲気になりますね。赤が挿し色になって、とっても可愛いです♪
「作り方に書いてある通り、生地をうら返す時、心が折れそうになりました。慣れないうちはサラッとした生地でトライしたほうがよいかもですね。」とのことでした。

OHARICO型紙で作ってくれたお客様の作品も、写真を送ってくだされば掲載していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

他にはこんな蝶ネクタイの作り方もあります。

2WAY式ポインテッド蝶ネクタイのつくり方と型紙
広告