ベレー帽デザイン

ベレー帽デザイン

8枚ハギのベレー帽を作りました。
今回はベレー帽を作る前に考えたデザインの方法と、出来上がった作品から、このベレー帽の特徴をお伝えしようと思います。

3Dソフトを使って帽子をデザインする

3Dデザイン
まずは3Dを使って、頭まわりを太めに、帽子部分はくったり感がでるような形を求めて、デザインしてみましたよ。

こちらはぐりぐり回してみることができます。
3Dでデザインするところの良いところは、実際に縫う前にイメージを確認できるので、型紙の修正をするときにとっても効率が良いんです。
もうちょっとくったり感をだすには型紙のどこをどう触ったらいいんだろうとか、あと2cm長くしたらどうなる?とか微調整したときのイメージをすぐに確認しながら型紙を作っています。

それに、私にとっては3Dを作ることもとっても面白いのでもっともっとモノヅクリに活かしていきたいなと常々考えています。たぶん、同じ方法で型紙を作っているところって今のところ他にないんじゃないかな?と思うのですが、デジタル×アナログのコラボで頑張ってみようと思います。

完成したベレー帽

ベレー帽完成
今回出来上がったベレー帽はこちらです。
レトロクラシックな生地を使った秋冬カラーにしてみました。

うちの美人モデルに着せてみましょう。

甘辛スパイラルパーマフルウィッグ
イメージ通りの形に仕上がりました!
トップのくったりした感じ、これを出したかったんですよ。
使う生地によっては、ハリがあったり柔らかかったりして落ち感というかシルエットもちょっと変わってきますが、

帽子モデル横顔
ちなみに、美人モデルの使っているウィッグは私のもうひとつの事業、かざるやウィッグの商品です。
甘辛スパイラルパーマフルウィッグA-645です。
ウィッグのブランド、プリシラがつくる商品です。
なんと!ただいま半額セール中。
ついでに言うと、この美人モデルちゃんも弊社の商品でございます。帽子のディスプレイ用品をお探しの方にもどうぞ。
マネキン女性大
ひとつひとつお顔が違うので、全く同じ子が届くわけではないですが、私はつけまつ毛と黒目の色を少し塗って自分好みの美人に仕上げています。

・・・と、めっちゃ宣伝しますが、ウィッグのほうもぜひよろしくお願いします。

ベレー帽のチョボ

で、本題に戻ります。
帽子のてっぺんのポッチリ。これは「チョボ」というらしいです。チョボをつけてみました。

帽子のチョボの作り方はこちら

プリシラウィッグ
反対側のサイドです。
ベレー帽は斜めにかぶるとやっぱりお洒落。アシンメトリー好きにとってはたまりません。

帽子にファンデーションをつけたくない

女性の皆さん、帽子やサンバイザーっておでこのファンデーションで汚れることが一番多くないですか?
そんなに頻繁に洗うわけにはいかないし、帽子をかぶって汗をかくことだってあるし、おでこファンデーション問題をどうやって解決しようかといろいろと考えました。

帽子の汚れ防止テープというものもあって、それもいいなと思います。
片面がテープになっていて、肌に触れる面が不織布になっているテープ。これだと汚れてきたらテープを替えればいいですよね。
でも、帽子の生地によってはテープを長時間貼っていると次に剥がすときに、トラブルがある場合もないとは言い切れないです。

私は最近山によく登るのですが、帽子は必須。でも山登りを終えるとすごく汗をかいているので新しい帽子が毎回ファンデーションや汗で汚れるのが悩みの種でもありました。

それでファンデーションの悩みを解決する帽子をつくってみようと考えた結果こうなりました。
帽子のファンデーション汚れ防止
帽子のサイド、こめかみあたりに布を通せるテープをつけて、おでこにまたがるように4つ折りにした布を通す。
これだと帽子をかぶっている途中に汗やファンデの不快感があれば布を取り換えてもいいし、折っていた布を違う面が表に出るようにたたみなおせば気持ちいい。肌が弱い人はガーゼや天然繊維にこだわってみたり、ハンカチでもいいし布だけを毎回洗うようにすれば、帽子の傷みも少なくなりますよね。
布通しをギリギリにつけてしまうと布がずれてきて残念なことになるので、縁よりも少し内側につけています。ちょうど布の厚みで帽子の縁が少し浮くのでそれほど帽子は汚れません。

他にもっといいアイデアが浮かべばやってみますが、とりあえずこの方法で帽子の作り方と型紙をご紹介してきたいと思います。

8枚ハギのベレー帽型紙

  • 8枚ハギベレー帽 A3 PDF型紙

    A3用紙1枚に印刷できます。

      頭囲
    M 55~59cm

    L 59~63cm

    PDFデータはコンビニ等で簡単に印刷できます。

OHARICO型紙の使い方